競馬・馬券

【競馬】17菊花賞・調教順調もアルアインにある不安要素とは!?

投稿日:

どうも、エスティーです。

今週末の菊花賞。

台風が近づく中、無事開催されることを願っております。

 

さて、今回は人気にもなりそうな今年の皐月賞馬、アルアインについてです。

調教は順調さを見せていますが、はたして勝ちきることは出来るのでしょうか。

今回の記事では、血統という面においてアルアインを見ていきたいと思います。

 

ディープ産駒という点

京都競馬場で強さを見せるディープ産駒。

舞台は問題なさそうに思いますが、問題は距離にあります。

 

ディープインパクト産駒は、現役時代と少し変わった成績を残しています。

そもそも、ディープ産駒は3000m以上のG1では勝てないとさえ言われていました。

 

これを打ち破ったのが、昨年の勝馬であるサトノダイヤモンドでした。

 

しかし、サトノダイヤモンドに関してはダービーでの好走もありました。

そもそも適性は多少あったのだと思います。

 

では、アルアインはどうでしょう。

NHKマイルカップに出走するという考えもあった馬です。

ダービーでも伸びきれずの敗退。

 

サトノダイヤモンドと同じように考えるのは難しそうですね。

 

母系でチェック

また、サトノダイヤモンドの母系にはスタミナ系の馬がいました。

母であるマルペンサは、中距離での活躍があった馬。

G1を3勝していて、中距離以上でのパフォーマンスがあった馬と言えるでしょう。

 

では、アルアインを見ていきましょう。

母であるドバイマジェスティはアメリカでG1を勝っています。

能力的には、問題ないですね。

 

しかし、そのレースはスプリント戦

ドバイマジェスティはチャンピオンスプリンターに選ばれていますが、あくまでもスプリンター。

中距離はこなせても、長距離の菊花賞ではどうなるでしょうか。

 

必ずしも成績がいいわけでないディープに、この母では、血統的には難しいと感じます。

 

まとめ

今回は、菊花賞に出走するアルアインを、血統から見てみました。

昨年のサトノダイヤモンドほど期待値はないと思います。

 

ですが、前走のような走りが出来れば上位には来れるくらいの力はあるはず!

軽視は出来ませんが、勝率はそこまで高くないように思いますね。

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.