競馬・馬券

【競馬】17菊花賞を的中させるには!?王道神戸新聞杯を振り返る

投稿日:

どうも、エスティーです。

今週末には、3歳クラシックラストの菊花賞が行われます。

このレースは「強い馬が勝つレース」と言われ、距離が3000mもあります。

 

ディープインパクトの圧勝劇やナリタブライアンの強さなどが思い出されますね~。

最近の人はオルフェでしょうか。

 

さて、今年の菊花賞はどうなるでしょうか?

今回の記事では、王道のローテである神戸新聞杯から気になる馬をピックアップ。

的中へのカギを探していこうと思います。

今年の菊花賞は大混戦も!

まず、振り返る前に今年の菊花賞について考えてみようと思います。

ダービーで上位に入った馬たちが、菊花賞に出走しないという現実です。

 

勝ったレイデオロは、当初の予定通りジャパンカップへ。

2着のスワーヴリチャードはアルゼンチン共和国杯に。

3着だったアドミラブルに関しては、故障で出走が出来ず。

 

この事実を考えただけで、今年の菊花賞が混戦だとわかります。

特に、前哨戦を見た感じレイデオロは頭一つ抜けていると思います。

 

主役不在となっている今年の菊花賞、大波乱も考えられます。

 

それでも王道ローテ

しかし、どんなに混戦だろうが王道のローテーションは有利であることが多いです。

これはなかなか覆りません。

 

そして、菊花賞の王道と言えば神戸新聞杯です。

残念ながら、今年の優勝馬は先ほども言ったレイデオロでした。

この時点で、また予想が難しくなりそうですね。

 

ですが、あえて他の馬の名前を出すのなら、次の2頭に注目したいですね。

それがダンビュライトサトノアーサーです。

 

ダンビュライトの注目点

前走の神戸新聞杯では、馬体重の上限が目立ちました。

ですが、これは成長分だと思います。

また、本番に向けた調整という事もあるのであの出来でよかったとは思いますね。

 

問題点は距離と勝負弱さ。

ダービーでは有利な最内を引いたが、7着と敗退。

これは少し残念でしたね。

 

また、デビュー以来勝利がないというのも問題視。

勝ちきれないというのは、思った以上に深刻なんですよね。

 

では、なぜ注目するのか。

それは前走の内容が悪くなかったからです。

最後は交わされてしまいましたが、久々の分伸びきれませんでした。

 

キセキは夏に使った分、力を使えたと考えれば本番では逆転もあり得る。

また、末脚に爆発力が足りないタイプなので、ジリジリ脚を使う競馬なら力上位。

勝ちまでは厳しいが、馬券に絡むタイプの馬だと感じます。

 

そして、京都競馬場の武豊騎手にも期待!

 

サトノアーサーはどうか

この馬も、前走久々の競馬。

同様に馬体重が大きくアップし、成長力を見せてくれました。

当然この馬も仕上がりそこそこだったはず。

 

この馬の場合、ダービー以外では全てのレースで馬券に貢献。

舞台を問わず走ってくれる、大変ありがたい馬ですね。

また、全てのレースで上り3ハロン上位3位以内という安定感。

 

先行できる馬ではなさそうですが、ディープインパクト産駒らしい切れる脚を持った馬です。

 

そもそも、毎日杯は皐月賞馬アルアインと接戦の2着。

現在の実績では大きく離されていますが、力の差はなかった馬です。

 

皐月賞出走をしませんでしたが、狙いをダービーに。

結果は10着と大敗でしたが、気にすることはないかと。

ダービーでの3枠というのは最も成績の悪い枠の一つでした。

 

敗因は枠。

それを証明してくれたのが、前走の走りだったと思います。

 

レイデオロは抜けた存在として、2着のキセキとは差のない3着。

久々の競馬としては、いいパフォーマンスになったと思います。

 

さらに、舞台は京都へと変わります。

ディープ産駒の庭という訳で、かなりの確率で逆転は考えられます。

一叩き+ディープの血で、確実に上位に来そうな予感です。

 

神戸新聞杯振り返りまとめ

今回は、菊花賞を的中するため、王道のレースである神戸新聞杯を振り返りました。

キセキもいい競馬はしていましたが、注目は久々の2頭

この2頭の成長力が、菊花賞の結果につながると思います。

 

特に、サトノアーサーは期待値高いですね。

親もイイですし、堅実な走りにも注目。

 

まだ予想決定していませんが、的中に近づけた感じもしてきますねw

予想決定は金曜を予定してますので、よろしければ確認してみてください。

-競馬・馬券
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.