競馬・馬券

【競馬】日本は間違いなく世界トップレベル?人馬ともに通用する

投稿日:

先日、スウェーデンの競馬場で開催されたウィメンジョッキーズワールドカップ藤田菜七子騎手が優勝しました。

まぁ簡単に書いてしまえば、世界1位の女性騎手になったわけです。

非常にめでたいことですね。

 

これを見て思ったのが、日本の競馬のレベルは世界トップクラスにあるという事。

もちろん、凱旋門賞やケンタッキーダービーなど勝てていないレースも多い。

しかし、いずれは可能だろうと思えるところにはいます。

 

特に凱旋門賞。

これは2着もありますしあと一歩。

本当に手の届く場所まで来ていると言えます。

誰が最初に制するのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

そのほかにも、ダート馬によるアメリカ遠征も増えてきている

なかでもラニの挑戦は、本当に意義のあるものでした。

マスターフェンサーも楽しませてくれましたし、それなりに通用。

ダートの馬の強さも、世界を狙えるところまで来ていますね。

馬の生産を始め、世界レベルへ向けた人による活躍も注目したいものがあります。

全てはサンデーサイレンスの導入から。

また、輸送の技術やノウハウも、かなり影響しているでしょう。

 

しかし過去には失敗と呼べるものもありました。

そこで止まることなく、反省を活かしてきた事。

これらを積み重ねて、現在の活躍を見せているんですよ。

 

さて、今後の活躍も大いに期待

キングジョージ6世アンドクイーンエリザベスSにはシュヴァルグランが登録

海外適正高いし、かなり楽しみではあるでしょう。

 

凱旋門賞も、キセキやロジャーバローズ。

ディアドラもまだ海外を狙うという事。

 

グローバル化していく日本の競馬。

その成長速度は、今後も注目すべき点ではないでしょうか。

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.