競馬・馬券

阪神大賞典の過去データ!馬券で使える傾向を探す

投稿日:

今週は日曜日にも2つの重賞が行われます。

その一つが、ゴールドシップが強かった阪神大賞典

昨年は中山競馬場で見ていたのを思い出しますw

 

その他のレース予想やデータはココから♪

 

さて、この明らかにクセのありそうなコース。

とにかくスタミナが必要で、距離は3000mという長さ。

 

見てる方も疲れるw

そんなレースですが早速特徴を探していきます。

スポンサーリンク

阪神大賞典の枠順別傾向

では枠順別の傾向を見ていきます。

ロスなく走れる方が有利なイメージ、枠はどうでしょう。

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 20% 30% 151 42
2 0 40% 0 67
3 8.3% 25% 45 59
4 0 16.7% 0 30
5 0 7.1% 0 23
6 12.5% 43.8% 58 104
7 11.8% 23.5% 15 28
8 15% 30% 55 51

 

このよう傾向にありますね。

4枠と5枠の成績には不安が正直ありますね。

 

狙えるのは1枠と6枠

8枠の好走率も一応注目したい。

 

阪神大賞典の前走別傾向

それでは前走について考えます。

ローテや内容、これらを考えていきますよ。

 

まずは前走の着順から。

前走で複勝圏内だった馬は、ここでも好走率が高い。

一方で、2桁だった馬はかなり厳しく、よほど理由が無ければ買いにくいですね。

 

つぎは前走の出走レースについて。

前走は有馬記念組が好走例が最も多い

反対に万葉S組は比較的危険で、勝ち馬なしで2着1頭のみ。

 

数は少ないですが、現状狙いにくい。

重賞を使った馬が、基本的には好走します。

 

最後は前走の内容

前走で逃げた馬というのは、今回危険。

かといって、後方から追った馬もそこまで狙えません。

 

狙えるのは先行した馬か差した馬か。

いい位置で競馬出来る馬が、ここでも力を出せるようですね。

 

阪神大賞典の傾向別狙い目その他

そのほかではまず人気別傾向を。

多くの活躍馬が1~3番人気となっている。

全体的な回収値が単勝40円しかないのも、納得の内容ですね。

 

それから血統別の傾向から。

最も好走例が多いのがステイゴールド産駒

これを買うだけでも、単勝は100越えの回収値。

 

それからハーツクライやディープもいい感じ。

特にハーツクライは好走例が多い。

 

阪神大賞典の過去データから見る傾向まとめ

全体的に回収値が低いレース。

ただし今年は能力自体は接戦に感じます。

多少の波乱はあるのではないでしょうか。

 

1枠と6枠をチェック

有馬記念組が強い

人気上位馬は活躍

ステイゴールドやハーツクライ産駒は活躍

 

こんな感じでしょうか。

この条件に適した血統というのは少ないですからね。

今年はどのような結果になるか。

 

予想も難しそう。

ですがそれでこそ妙味はありそうですね♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.