競馬・馬券

2019青葉賞の競馬予想!平成最後を馬券で楽しむ

投稿日:

平成最後の競馬ウィークとなりました。

面白いもので、今週の重賞レースはG3からG1まで3種類すべて開催です。

それぞれが平成最後となるので、番組表は狙ったのかとw

その他のレース予想や傾向も確認♪

 

さて、そのラストウィークの初日はG2の青葉賞

令和最初のダービー馬を目指し、各陣営が取り組んでくる面白いレース。

1番人気の成績が圧倒的なのは紹介しましたが、それ以降は難しい。

 

今年はどうなっていくのでしょうか。

平成最後のG2レース、ぜひ馬券を買って楽しみましょう。

スポンサーリンク

2019青葉賞の本命馬は

今年の青葉賞、本命馬にはキタサンバルカンを推奨します。

メンバーを見るとルーラーシップ産駒が多いのが目立ちますかね。

この馬も同じ産駒ですが、長距離レースは相性がいい。

 

これまでは中距離を使いましたが前走、同じ舞台で走らせて2着。

その時の勝ち馬はサトノジェネシスで3億円ホース。

サトノダイヤモンドの全弟ですから仕方なかった。

 

ですが東京コースでは2戦して2連対

やはり相性はいいと考えるべきなので、今回も通用するのでは。

ラストいい脚が使える馬ですので、この枠でも問題はそんなにない。

 

2019青葉賞の対抗・単穴馬

その対抗馬にはウーリリを狙ってみようと思います。

マカヒキを兄に持つ血統で、それだけでも楽しみですよね。

ですが能力も感じさせており、まだ2戦ながら重賞を狙える力を証明。

 

ゆったりした使い方から、完成はまだ先なのでしょう。

それでも前走使った効果や血統を考えると注目はすべき

あえて馬券から外す人もいそうですが、枠も含め僕は狙います。

 

3番手評価にはバラックパリンカ

人気はないですが、それなりのポテンシャルは感じる馬ですね。

前走を特に評価したいですが、勝ち馬とは差がなく内容も上々。

 

特に最終コーナーでの位置を確認すると、よく頑張ったと言いえる内容。

多頭数の今回も強い内容が見せられるか。

そこがポイントになるでしょう。

 

2019青葉賞の予想まとめと印

平成最後のG2は、令和ダービーへ向けたステップレース。

終わりを締め、新時代での活躍を期待させる馬は誰になるのでしょうか。

非常に注目したいレースです。

 

キタサンバルカン

ウーリリ

バラックパリンカ

△ランフォザローゼス

△ピースワンパラディ

△トーセンカンビーナ

△カウディーリョ

 

以上が、このレースでの狙い馬になります。

正直人気別の傾向を見ると人気薄は買いですね。

人気馬と薄い馬、上手く絡めて買うといいでしょう。

 

キャリアの浅い馬同士。

そしてダービーをにらんでの対決。

一筋縄ではいかないレースが青葉賞という訳です♪

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.