競馬・馬券

阪神牝馬S2019の過去データ!傾向から勝てる馬券を狙っていこう

投稿日:

今週の中央競馬は牝馬が主役。

日曜日に行われる桜花賞を前に、まずは古馬による牝馬の熱き戦い。

阪神牝馬Sが開催されますよ!

その他の予想や傾向データはココから♪

 

出走予定馬にはG1馬やそこを目指せる素質を持った馬が多数。

G1前日の資金稼ぎをしたいレース、的中のために過去のデータを参考にしていきましょう。

スポンサーリンク

阪神牝馬Sの枠順別傾向

では最初に枠順による傾向を見ていきます。

全体的な単勝回収値は悪くないので、多少の波乱はあるかもしれません。

枠による傾向をつかみ、予想しやすくしていきましょう。

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 5.9% 11.8% 24 54
2 5.9% 17.6% 57 64
3 5.9% 11.8% 12 13
4 10% 30% 129 94
5 5% 20% 14 30
6 5% 20% 99 56
7 4.3% 17.4% 36 73
8 8% 20% 238 87

 

これが過去10回分のデータになります。

気になるのは4枠でしょうね。

複勝率もトップですし、回収値も高いことから人気馬に限らず、人気の薄い馬でも来ていることがわかります。

 

ただしそれ以外の枠には大きな差があまり感じられません。

あえて注目するならば、最内の1枠は好走率と回収値が低いため、あまり期待できないです。

 

阪神牝馬Sの前走別データ

それでは前走についてみていきましょう。

まずは前走何着だったのか。

着順別の傾向から探ってみようと思います。

 

圧倒的なデータが出たのですが、前走1着馬はかなり期待が出来ます。

7勝を挙げていますし、複勝率も35%と高め。

回収値も十分なので、このレースで予想するなら絶対に確認すべきデータとなります。

 

それから3着だった馬の成績もかなり良し

いれば積極的に見ることを推奨しますね。

ただし2着馬は好走例がなく危険。

 

それから前走出走レースについて。

このレースで注目すべきは前走出走したレースのクラス。

重賞を使った馬が人気するかと思いますが、今回昇級戦という馬の方が狙い目です!

 

数は少ないものの、複勝率は高く、回収値も優秀となっています。

単勝回収値は何と200越えですので、平均よりもかなり大きいと言えるでしょう。

 

阪神牝馬Sの馬券に使えるデータ

その他では人気別成績を見ておきましょう。

1番人気の好走率は半分で、大きな期待は禁物であると言えるでしょう。

馬を見ずにオッズだけで考えるならば、回収値も高くないので軸にはおススメできない。

 

それを超える成績を出しているのが4番人気なので、これはかなり期待したいです。

とはいえ、人気による傾向はあくまでも参考の一つ、他の条件と合わせて考えましょう。

 

それから血統について

圧倒的な成績を出しているのが父サンデー系

特にディープ産駒やアグネスタキオンの産駒は好成績といえるでしょう。

 

組み合わせとしては、サンデー系とニアークティック系の組み合わせ

キンカメの血は意外と苦戦しているため、あまり狙えない。

 

阪神牝馬Sの傾向別狙い目まとめ

最後にわかりやすいようまとめておきます。

高い好走率、そして回収値。

これをベースに考えたデータを紹介しているので、予想に活かしてくださいね。

 

4枠

前走1着馬

今回が昇級戦という馬

サンデー系である

 

これらが高い的中率を誇るデータになります。

その他にもありましたが、その中でも特に使える・使いやすいものです。

今年はサンデー系が多いので迷うかもしれませんが、そうしたらニアークティック系を探すのもあり。

 

今年ブレイクしそうな牝馬も出走予定、ぜひ馬券で楽しみましょう♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.