競馬・馬券

18ジャパンカップ出走予定馬の研究!長距離王者がここでもキセキ編

投稿日:

どうも、エスティーです。

今回は4回目という事で、キセキをピックアップ。

カタカナ続いてごめんなさいねw

↑にも!

 

さて、茶番は置いておいてキセキの話ですが、実は非常に期待しています。

まだ予想完了してませんが、現段階で重たい印を打つ予定。

それくらいの馬であると考えています。

 

どこに期待しているのか。

狙える点なども含め、いつも通り見ていきましょう。

スポンサーリンク

ジャパンカップのキセキは血統的に

まずはキセキの血統ですね。

この馬、改めてみると父がルーラーシップで母父ディープ

素晴らしい血統ではございませんか。

 

キンカメやエアグルーヴ、ディープが血統にいるとはものすごい。

考えるだけでもワクワクするような組み合わせ。

これまでの活躍も納得です!

 

さてさて、ルーラーシップ産駒の特徴を探ってみましょう。

ダートでもそれなりに走っていますが、やはり芝向きの馬が多い。

その中で見ると、マイル以下では成績が落ちていますね~。

 

3着内率がマイルでは24.8%となっていますが1800では33.6%とアップ。

マイル以下はほとんど同じ感じで、中距離以上で活躍傾向にあります。

 

キセキ自身、菊花賞で活躍しましたからその通りになっています。

2400以上では勝率も高く、スタミナを受け継ぐことがよくわかりますね。

 

また、競馬場別に見ても東京はよく走っています

中京と阪神以外では結構な成績ですので、ジャパンカップは非常に合うと言えます。

 

ほかのデータで見ると、ハーツクライかというほど持続性がある

4歳以上の馬券率が30%ほどあり、驚異的であると言えます。

ちなみに2歳は34.3%で、トータルの数は違えど差がない。

 

キセキは今年4歳ですが、まだまだ活躍が期待できると言えます。

ルーラーシップ自身、5歳で香港勝利したりしてますからね。

 

キセキの調子が上がっている

次に考えるのはこの馬自身。

この馬もいろいろな騎手が乗ってきましたが、川田騎手が続けて騎乗。

3歳時は追い込む競馬もしていましたが、ここ数戦は前でレースしてますね。

 

キレる脚も使えるので、無理して前に行かなくてもよさそうですが作戦があるのでしょう。

事実、追い込む競馬をしていたころには届かないことも何度かあった。

得意な競馬を探っているのかも。

 

ここ2走はレベルの高いレースが続きましたが3着確保。

これは力がある証拠で、特に前走は強い差し馬2頭が上がってくる展開に。

先行したアルアインには先着し、力は見せました。

 

菊花賞馬ですから、当然スタミナはありますがそれを上手く発揮しました。

距離延長は全く気になりませんね。

 

香港出走から少しおかしくなりましたが、東京の舞台でようやく復活傾向。

それも強い馬とのレースを体験し、それと戦えるまでになりました。

強い牝馬が出ますが、先輩の意地を見せることは出来そう。

 

キセキの評価は

最初の方にも書いちゃいましたが、十分買っていいと判断できると思います!

それくらいの能力もあるし、好調さは見えています。

後は本当に勝利だけといった感じでしょう。

 

ただ難しいのは戦法ですね。

この流れで前に行くのか、以前のように後ろからか。

ジャパンカップは多少控えた方が成績いいですからね。

 

それでも先行して成績安定してるだけに、無理に変えることもないのか。

力は十分ですので、あとは運の要素ですね。

最内枠にでも入れば、本命にしてもいいレベルでしょう。

 

キセキ以外の出走予定馬についてはココで探せますよ♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.