競馬・馬券

2019京都新聞杯の競馬予想!令和のダービーへ出走できるのはどの馬に

投稿日:

令和最初の中央競馬が開始されますね。

記念すべき日ではございますが、馬券ファンにとってはあまり関係ないかなw

馬券が当たるか当たらないか、その2択ですし楽しみ方に違いはありませんからね。

 

とはいえ、令和最初のダービーと言われると、テンションが上がるのも事実。

勝つためにはまず、出走しなければ不可能ですよね。

ダービー出走をかけた3歳馬による戦い、京都新聞杯の予想になります。

その他のレース予想や傾向はココから♪

 

キズナという馬が、ここを勝ってダービーも制覇。

そろそろ可能性としてはありますので、注目のレースでしょう。

スポンサーリンク

2019京都新聞杯の本命馬は

今年のこのレース、本命馬にはロジャーバローズを推奨します。

じつは対抗の馬と印で迷っていたのですが、枠順でこちらを本命にしてみました。

それにディープ産駒という有利さもありますからね。

 

この馬、京都での相性もよさそうでタイムも悪くないですよね。

前走は7着ですが差のない競馬ではありました。

レースの使い方にも焦りがないので、ここは仕上がっているはず。

 

ただしメンバー全体の話として、抜けた馬はいないとも感じます。

あまりに人気を集める馬は、注意しておきたいですね。

そうでないなら、この馬から買いたい。

スポンサーリンク

2019京都新聞杯の対抗・単穴馬

対抗馬としてはヒーリングマインドを推奨します。

本命にするか迷いましたが、枠順を見て判断。

さすがに大外枠は、評価を下げざるを得ませんでした。

 

ただ長い距離に強い馬だという点は、このレースでも狙えるポイントですね。

負けた2つのレースは、距離がマイルか1800mでこの馬にとっては短い。

前走は前が粘る中での差し切り勝ちと、3歳馬にしては素晴らしい内容でした。

 

極端にスローなペースでは厳しい。

ですがそうでなければ、善戦は可能でしょうし馬券には十分狙える。

まだ人気もそこまででしょうしね。

 

3番手評価には皐月賞で本命にしたタガノディアマンテ

この馬やはり能力は高くてですね、離されたとはいえ前走6着と好走。

スプリングSでも4着で力を見せているんですよね。

 

きさらぎ賞は先行馬が残るなか、追って2着確保。

完成度で少し不安はあるのですが、調教は良かったようですね。

オルフェ産駒でどうなるかわからないですが、素直に走ってくれれば力は上位。

また期待したいと思いますが、前走ほど人気は低くないでしょうねw

 

2019京都新聞杯の馬券予想まとめと印

さてさて、今年はどの馬がダービーへ出走できるのか。

非常に楽しみですね。

また令和最初の中央競馬重賞、価値は結構高いと思いますよ。

 

ロジャーバローズ

ヒーリングマインド

タガノディアマンテ

△オールイズウェル

△ヴァンケドミンゴ

△ブレイキングドーン

△トーセンスカイ

 

以上が、令和最初の中央競馬予想になります。

地方は結構いい感じだったので、ここでも続きたいところ。

ダービー出走の夢を叶える馬は誰か、馬券とともに応援しましょう♪

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.