競馬・馬券

【海外競馬】凱旋門賞目指してクリンチャー始動!フォワ賞の期待値は

投稿日:

今週の日曜である16日、ついにフランスの地でクリンチャーが始動する。

出走するレースはフォワ賞ですが、凱旋門賞の前哨戦として、これまでも素晴らしい戦いを見せてきました。

過去にはエルコンドルパサー、オルフェーブルの2連覇もありましたね。

 

彼らは勝利こそなかったが、凱旋門賞で2着と好走。

やはり前哨戦としての勝ちは十分にありけりですね。

さて、今年出走のクリンチャーはどれほど期待できるのか。

 

サトノダイヤモンドが大敗した記憶も強いフォワ賞、やはり簡単なレースではないです。

スポンサーリンク

フォワ賞のクリンチャー期待値

正直な話、僕はクリンチャーには期待しています。

凱旋門を狙う中で、日本馬にとって厳しいポイントはいくつかありますが、その一つが馬場。

タイムを見ればわかりますが、日本よりも重たい芝です。

 

つまり、日本以上に力のいる馬場という事で、スパッと切れる脚を使える馬よりも、しぶとくのびる馬の方が有利と言えます。

また、距離は2400mとなってますが、それ以上にハードなレースになると考えてイイでしょう。

 

これらの条件を考えた場合、クリンチャーは非常にチャンスあると僕は考えてます。

クリンチャーの今回の挑戦は、結構賛否がわかれているみたいですね。

確かに、同馬はまだ国内G1も勝利しておらず、力を証明していません。

 

しかし、出走しなければ勝てないという事も事実です。

この馬は、超不良馬場だった菊花賞で2着と好走。

重馬場になった京都記念を快勝と、重たい馬場には素晴らしい適性を持ってます。

 

特に、京都記念はドバイを目指す馬が多く出走しており、そこでの勝利は勝ちあったと思いますよ。

先行できる馬という点も、凱旋門賞での期待できる点。

力が必要な、海外の馬場には十分適応できるはずでしょう!

 

ちなみに、クリンチャーは父がディープスカイです。

産駒の特徴としては、芝よりもダートでの成績がいい事。

ダートで必要なパワーを、芝でも生かしているクリンチャーは楽しみが広がります。

 

フォワ賞ライバル

では、クリンチャーのライバルは誰か。

まだ出走メンバーは確定しませんが、注目はタリスマニック

昨年のこのレースは3着と敗れますが、アメリカのG1ブリーダーズカップターフを勝利。

 

人気のまま挑んだ香港ヴァーズ2着に入り、力を見せ始めています。

これだけではなく、貪欲に挑んだ今年のドバイワールドカップは合わずに大敗。

その後、前走となるG3を余裕の勝利で、フォワ賞に挑んできます。

 

エピファネイアを思い出すドバイ遠征でしたねw

芝での能力はかなりのもので、近走は安定しているため人気は確実でしょう。

脚質にも自由が比較的あり、クリンチャーからしたら厳しい相手になるでしょうね。

 

逆に言えば、これに勝てれば凱旋門賞への展望も明るくなるかも。

フォワ賞の中継

この注目のレース、馬券の発売はないようです。

ただし、一部ではしっかりと放送されるよう。

有料ですがグリーンチャンネルでの放送。

 

無料のところではラジオNIKKEI第1で放送されるようです。

ぜひとも、凱旋門賞に向けた素晴らしい伝統のレースを感じましょう。

-競馬・馬券
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.