競馬・馬券

馬も負けから学ぶ!?競馬の予想法を変えてみたら的中率アップ

投稿日:

どうも、エスティーです。

毎週訪れる競馬ですが、予想法というものは基本変えない方がいいと言われます。

その理由は、ブレが生じるから。

毎回違った予想法では、データが取れず、自分にあったものなのか、的中率が高いのかわかりません。

 

ですが、ある時ふと、違った予想法を試したくなる時があります。

これが成長と呼べるかは微妙ですが、新たな試行はチャンスになることも。

それを僕は最近身を持って体験しました。

 

今までの予想法でもある程度的中しましたが、思い切って変える決心をしました。

その予想法も、今回書いてみようかと思います。

スポンサーリンク

馬も負けて強くなる!?

僕が最近試している予想法が、過去3走のレベルを見ることです。

前走好走している馬は、当然チェックされるし人気にもなりやすいですよね。

しかし、僕のこの方法では、着順はそこまで気にしません。

 

気にする点は、どの馬に負けたのかです。

当然勝っている馬にも一応チェックしますが、あえて負けているレースをチェック。

理由は、人気が下がりやすいからですね。

 

例えば、僕は9/9日曜日の中山最終レースを3頭印打って1,2,3着で馬券ゲットしました。

これは本当に上手くいったレースですが、本命にはモアニケアラ

まず、前走を見るとオールドベイリーに大敗。

しかしこの馬は上のクラスでも通用するレベルの馬で、負けて仕方なし。

 

そして2走前のマルカソレイユもこのクラスでは力上位で勝利経験あり。

モアニケアラが戦ってきたレベルは、このレースでは上位でした。

そして対抗にしていたソルプレーサも、この距離で安定しており前走はストロベリームーン。

 

3番手評価にアグネスエーデルでしたが、この馬もオールドベイリーと戦い、前走はアレットといい勝負。

結果この3頭で決着して、馬券的には最高の形になりました。

 

競馬の予想で注意したいのは、どのレベルの馬に負けたのか

好走した馬を探すのは簡単ですが、負けた馬にもフォーカスを当てると、予想は深くなるのかもしれません。

それで迷いが大きくなったら、仕方ないことですけどねw

スポンサーリンク

以前の予想法

一応、今までの予想法も書いてみます。

コチラの方が、より簡単になってますので初心者の人でもすぐマネできますよ。

注目するのは馬ではなく、人によりフォーカスを当てること。

 

今の競馬は、一部の騎手がかなり力を持っています。

例えば、有名なところではルメール騎手やデムーロ騎手

日本人では、川田騎手や戸崎騎手ですね。

最近では武豊騎手も、復活してきています。

 

彼らの乗る馬に注目し、予想をしていくものです。

外国人騎手では珍しいですが、戸崎騎手なんかは、意外に人気薄だったりして、いい配当が出たりします。

福永騎手は、個人的に難しいですねw

 

そして、人と書いた理由は騎手だけではないからです。

調教師さんでも、結構成績に差があり狙うべき人は限られていますよ。

今年は特に藤原厩舎は止まらんですよね。

 

しっかり馬を走らせると言えば、藤原厩舎と言っていいと思います。

勝率、複勝率ともに素晴らしい成績で、秋から大注目ですよ。

あとは池江厩舎や、国枝厩舎も当然注目ですね。

 

コチラは名前を出すときりがないので、ここまでにします。

ほかでは、馬主さんなどにも注目して、騎手との関係性なんかも面白いですよね。

ここまで来ると、だいぶコアな予想になるでしょう。

 

コンビで言うと、藤沢厩舎とルメール騎手は最も今有名ではないでしょうか。

このような組み合わせを探すと、楽しいですよ。

池添厩舎と池添騎手もなかなかだっと気がします♪

 

予想法は一つでない!日々進化を

 

大きな予想法の変更は、諸刃の剣です。

上手くいくことも、まったく当たらなくなることもあります。

まずは、一つの予想法を見つけ、少しずつ進化させましょう。

 

いきなりの変更は危険です。

ある程度やりつくした時、不満があれば、変更してみましょう。

それまでは強化していくのです!

 

こだわりを持った予想法を、ぜひ見つけましょうね。

競馬が楽しくなると思いますよ^^

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.