競馬・馬券

一足早く神戸新聞杯を考える!豪華メンバー集結に予想はどうする

投稿日:

今年の神戸新聞杯も豪華なメンバーですね。

ダービーワンツーの対決、また出走馬。

そこに挑むチャレンジャーたち。

楽しみなレースですね。

 

エポカドーロは春のクラシック戦を上位で好走。

力のある所を安定して見せています。

しかし、ダービー馬に輝いたワグネリアンも当然注目。

 

皐月賞は展開的にも仕方のない着順で、ダービーは不利な枠での勝利。

今回は乗り変わりですが、期待値は当然高いです。

 

では、神戸新聞杯の狙い方はどうするか。

少し調べてみましたよ。

スポンサーリンク

神戸新聞杯で狙うべき馬

当然まず考えるのは前走のレベル。

3歳の頂上決戦と言えばダービーですから、ここからが中心です。

過去のデータでもほとんどの場合、ダービー出走馬が絡んでいます。

 

そして、このレースは特に1番人気が強い

過去10年では、馬券外は1度のみ。

好走は当然とみるべきでしょう。

 

脚質に関しては、差し馬が活躍しているようですね。

先行馬は、勝つか負けるかの極端なデータがあり、狙う場合は軸で考えましょう。

逃げ馬もそれなりには来てますが、平均で考えると少し厳しいですね。

 

恐らくエポカドーロが該当しますが、あのレベルなら問題ないでしょう。

どちらが1番人気か気になります。

 

後は枠順ですが、5枠の成績がいいようですね。

残りは8枠もイイですが、ほかはトントンでしょう。

2枠は過去10年で連対率0なので、鬼門でしょうか。

 

菊花賞で楽しみな馬を狙うのもあり

せっかくのトライアルですから、菊花賞で見たい馬から買うのもあり。

春から狙っている馬を追いかけるのもイイでしょう。

おそらく注目を集めるのはエタリオウでしょう。

 

同馬は先行馬が残るダービーを、後方から唯一追い込んできた馬。

ステゴ産駒という事から、スタミナ面でも注目を集めるはず。

菊花賞でも合いそうですよね。

 

ほかにもダービーは混戦だったこともあり、どの馬にも期待は出来るはず。

前哨戦という事で、逆転は大きくあるでしょうね。

 

菊花賞に向け、貴重なレースになる神戸新聞杯。

馬券予想は金曜または土曜に公開します♪

-競馬・馬券
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.