競馬・馬券

ロジャーバローズ屈腱炎で現役引退!種牡馬として活躍を

投稿日:

今年のダービーを制し、秋には凱旋門賞への挑戦を明言していたロジャーバローズ。

しかし、この日悲しい知らせが届き、屈腱炎により現役を引退すると決定したそうです。

ディープの血を持つ馬ですが、その名を残すためにも無理は禁物。

 

少し寂しいですが、競走馬はケガとの戦いですから仕方ないですね。

何よりも馬の無事が大事ですから。

 

特に屈腱炎は競走馬で最も多く聞く言葉ではないでしょうか。

海外挑戦へ向けての中、負荷がかかるし命あってこそ。

 

死んでしまったディープインパクトの血を残すためにも、新たなステージでの活躍を祈ります。

まずは無事に種牡馬生活を。

かなうならば、この馬の仔で凱旋門賞を目指してほしいですね。

 

競馬には夢やロマンあり。

こうして、脈々と受け継がれていく血を見るのも、競馬の楽しいポイントですね♪

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.