競馬・馬券

門別12Rリリーカップ2020の予想!2歳限定で仕上がりの早さにも注目

更新日:

木曜日から川崎競馬も開催になるみたいですね。

コロナの感染ですが、どうやら船橋所属の騎手が中心らしい。

一方の川崎や浦和からは陽性反応がないという事で、再開という事ですね。

 

騎手で予想する人には、少し難しくなったかもしれませんがw

川崎と浦和所属限定なので、少し荒れる確率が上がるかもってところ。

 

とはいえ、今週はお世話になった門別も参戦したい。

アメブロでは川崎、当サイトでは門別と優柔不断でお送りしますw

狙いはもちろん、重賞リリーカップになりますよ!

スポンサーリンク

2020リリーカップの予想法と軸

門別1200mの説明は不要でしょう。

今回のカギとなる部分は、2歳限定という事ですね。

門別では比較的仕上がっている馬も多く、1つの特徴になってますよね。

 

特に門別の2歳馬が、今後南関遠征などしたときは結構走る。

そういう環境なので、差が出来て当然なんですよ。

門別は仕上がり早い、覚えておいて損はないでしょう。

 

ですが、その中でも血統から仕上がりの早い馬を探します

当然距離適性と合わせたうえでのジャッジ、迷ったらアメリカ系でもいいでしょう。

 

◎→ランキングサイト内にて公開中!

新種牡馬の産駒ですが、血統通り仕上がりは早いみたいですよ。

 

中央でも走り始めてますが、特に短距離で活躍しまくってますね。

元々の血統からもスピードに優れた構成でしたので、遺伝して当然かなという印象。

今後配合次第では、延長してもいいかもしれませんが基本は短距離

 

この馬に関しては、母もスピード重視の血統ですね。

そうとなれば短距離適性がないとは考えにくく、ここまで順調もさらに期待。

特に前走は力で押し切った感が強く、インパクトありました。

 

気になるのは馬体重ですね。

レースを使ってきている馬で、パドックは一応確認すべきかなと思います。

スポンサーリンク

対抗と単穴馬

対抗馬には11番マイハンプスを推奨。

やはり侮れないサウスヴィグラス産駒、水曜日も3頭ほど勝利してましたね。

この血統を無視するのは、正直リスクしかないでしょう。

 

今回該当馬2頭いますが、僕はこちらを狙ってみました。

前走勝ち切れたこともそうですが、血統もイイですよね。

 

サマーバードは中距離あたりのイメージですが、タフさを持つ馬です。

母の血統にシンボリクリスエスが入ってますが、地方ではスピードある馬に含まれています。

強烈な切れを持つ馬ではなく、先行して粘れば強い馬。

 

ここまで短距離のレースでは先行できてますね。

外枠ですが不利を受けにくいと考えれば向くかもしれません。

 

3番手評価には9番オルディノ

1200m戦が初ですが、初戦のパフォーマンスが印象強い。

スタートに難がある馬ですが、長くいい脚を使いますよね。

 

そもそも1000mで後ろから突っ込んでくるだけでも大変

キンシャサにフレンチデピュティ、中央でも見そうな血統構成です。

1200mへの距離延長は当然不安は少ない。

 

ただし相手は強化されるので、スタートが肝心。

ある程度出れば、位置がとれるのでラストの脚が活きるでしょう。

前が速くなれば、その分チャンスも上がる。

競馬初心者へのアドバイス!予想で重要なのは的中率か回収率なのか

今回テーマにするのは、ここまでの競馬で僕が「的中率」と「回収率」のどちらを重視してきたか。 これについて書いていこうかなと思っています。 この2年間ほどは、嬉しいことに年間収支も100%を超えるように ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.