競馬・馬券

有馬記念馬券的中へのカギ!思い出の1頭オルフェーヴルを振り返る

更新日:

今週末は有馬記念の開催があります。

ということで、馬券的中へのヒントを含め思い出の有馬記念を振り返ります。

今回は僕が好きな1頭でもあります、オルフェーヴルを取り上げますよ。

 

久しぶりの三冠馬、そして凱旋門賞連続2着の同馬。

牝馬に先頭を譲ってしまう紳士ぶりも結構好きで、引退は寂しかったですね。

それでも、最後の走りは本当に驚いて、最強と言う言葉がピッタリだと。

 

お父さんになっても、ラッキーライラックを筆頭に活躍馬をだしている。

血統などからも、当時を少し振り返りましょう。

スポンサーリンク

有馬記念は2戦2勝のパーフェクト

オルフェーヴルは、3歳時と引退である5歳時に有馬記念へ出走。

その両方で勝利しており、パーフェクト成績となっております。

特に引退時は2着馬とのタイム差が1.3秒、8馬身差という強さを見せました。

 

スターが集まるこのレースで、これほどの差がつくのは本当に凄い。

今でも映像が浮かぶように、最終コーナーからの勢いはその瞬間に勝利を確信。

他の馬には正直、何もできなかったでしょう。

 

ちなみに、その時の2着馬がウインバリアシオン、オルフェとの仲が良いという印象w

 

産まれた時代が悪いというか、中々の素質馬でしたね。

3着はゴールドシップ、この大差はお見事というしかない。

 

前年のジャパンカップ同様、凱旋門賞からのレース

思えばよくこれだけ安定して走れるなって。

これぞ本当に強い馬って言う印象を与えてくれた1頭ですね。

【競馬】馬券で勝つために意識したこと4選!大事なのは予想法だけじゃない

血統から考える有馬記念

この馬の場合、特徴はノーザンテーストのクロスですね。

4×3という、いわゆる奇跡の血量でして、ある程度歳を重ねても強くなるという特性を表していました。

 

引退レースで圧勝できたのも、成長力とその持続があるかもしれません。

それから、有馬記念は中山の2500という特殊なコース

一般的な距離でないため、主流血統は難しい事もしばしば。

 

オルフェーヴルの場合、中山でも強いステイゴールドを父に持つ。

また、凱旋門賞でも2着に来るほどのタフさなどを持ち、日本の反主流コースでも走れる可能性は高かった。

血統的には、有馬記念はヨーロッパ組は有利だと思いますね。

 

また、母父メジロマックイーンとスタミナも十分。

ラッキーライラックを見るに、海外適正やタフさは受け継がれているでしょう。

スポンサーリンク

2019有馬記念でも使える予想のヒント

まずは引退馬に注目という事。

ジェンティルドンナや古くはオグリキャップなど、引退馬の活躍は本当に多い。

キタサンブラックもそうですね。

 

これは毎年言われるほどで、狙って損はない。

もちろん、それまでに強かった馬が該当する条件ではありますけどね。

近走の成績で評価を落とすような馬がいれば、一回狙ってオッケー。

 

やはり主流なコースではないので、荒れる条件にもなりますから。

血統では、とりあえずノーザンダンサーのクロスは重要でしょう。

アメリカ系よりも、やはりヨーロッパ系から探したい。

 

思い出の有馬記念次回は

次回というか、明日はゴールドアクターを紹介したいと思います。

2年出走して馬券外無し、この条件ではかなりの強さを見せた1頭ですね。

 

キタサンブラックやサトノダイヤモンドとの対決。

そして高配当の人気薄馬という1頭です。

2019有馬記念的中へのヒント探しとともにお送りしたい!

19有馬記念馬券的中へのカギ!ゴールドアクターを振り返る

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.