世間話

猛暑続く日本!水分補給で熱中症対策しましょう

投稿日:

東京では観測史上最高気温達成。

40℃を超えるという超猛暑になりましたね。

こうなってくると、大雨もそうですが災害と呼べるものですよね。

野菜などにも影響が出そうですから、値段が上がりそう。

 

仕事などにも影響しそうですから、守れるものは守りましょう。

特に熱中症は最も身近で危険。

すでに多くの人が倒れているので、出来る限り対策しましょう。

スポンサーリンク

油断せずにエアコンを

年を取ると温度を感じないのか、エアコンの温度を上げていたり消している人がいるようです。

こういったことは非常に危険で、多くの人がこれが原因で熱中症になっているようです。

暑さを感じなくても、外は気温35度付近ですからね。

 

また、エアコンの設定温度にも意見がいろいろあるようで、38℃ではさすがにという声も。

事実この設定でいるのに、倒れる人も多いようです。

環境などを考えるのもイイですが、自分も大事にしましょう。

 

家では抵抗があるという人は、涼しい場所を見つけましょう。

スーパーや飲食店など、いくつか目星をつけるべきです。

 

水分不足は絶対ダメ

後は水分不足に注意。

当然のことですが、出来ていない人が多いのも事実。

のどが渇いたと感じることは、水分不足のステージワンとも言うそうです。

 

最低でも我慢することだけはやめましょう。

さて、熱中症は家の中などの屋内で起こることが一番多いようです。

その原因の一つが油断であります。

 

家にいるから大丈夫という油断。

そのせいで水分摂取を怠るみたいです。

危ないですね~。

家にいても水分は抜けていっているのです。

 

例えば、寝てる時も水分は徐々に減っていきます。

朝起きて飲み物を飲むべきというのはこれが理由ですね。

人は生きている間、常に水分が減っていると考えてもよさそうです。

 

僕がスポーツをしていた時は、コーチに水を飲む練習をさせられてました。

もういいかなと思ってから更にもう少し。

昔とは違い水を飲む練習というのは重要視されています。

 

注意点としては、飲み物によっては意味をなさないものがあること。

例えば緑茶。

これはカフェインが入っているため、あまり推奨されません。

麦茶ならオッケーですので安心を。

 

後はやはり塩分も大事。

水分補給とともに塩分補給にも注意しましょう。

 

オーエスワンのような飲料がオススメになります。

 

熱中症対策は自分で

やむを得ない場合を除き、基本的には自分で守っていきましょう。

不用意に外出しない。

水分や塩分に常に気を配る。

 

人によっては忙しかったり休みだったりする夏、健康に過ごすため頑張りましょう!

-世間話
-

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.