世間話

知らないと大損も!?宝くじで高額当選した際の注意点

更新日:

どうも、エスティーです。

今回は、サラリーマンの夢である宝くじに関する話題です。

当たらないと思いながらも買ってしまう、不思議なものですよね~。

 

隕石が落ちてくるよりも、当選確率は低いという意見もありますね。

しかし、実際に当たっている人もいるわけで・・・。

こういう考えが、買ってしまう理由なんでしょう。

 

で、今回はもし当たったらどうするかについてです。

何も考えず貰ってしまうと、実はある危険があるんですよ。

それについて書いていきます。

税金の発生があり得る!

そもそも、宝くじは購入した時点である程度税金として納められています。

なので、的中した金額に関する税金は発生しません。

パチンコなんかもそうだったと思います。

 

逆に、競馬などは高額当選で税金を払う必要が出てきます。

今回は詳しく書きませんけどね^^

 

配当金も億を超え、税金が発生しない宝くじはまさに最強!

的中率の低さを除けば、最も素晴らしいギャンブルでしょう。

ただし、税金が残念ながら発生してしまう可能性もあります。

 

もし、自分が当たった時のことを考えて、読んでくれればと思いますw

 

スポンサーリンク

 贈与税が危険

答えから書いてしまいましたが、贈与税の発生です。

僕の場合はないんですが、共同でたくさんの宝くじを買うというのも珍しくないんだそう。

この人たちが的中し、代表して一人が取りに行ったとします。

そして、もらったお金を、仲間で分けるとします。

 

この時点で、贈与税が発生してしまいます。

まだ何もしてないのに、お金だけが無くなってしまうw

そんなことにはなりたくないですよね!

 

ではどうすべきか。

かなり簡単です。

 

贈与税対策法

繰り返しになりますが、本当に簡単です。

正解は「全員で受け取りに行く」です。

 

先ほどの例の場合、代表者一人で取りに行ったのが間違いです。

皆で受け取りに行き、共同購入したというのを説明すれば、解決されるそうです。

家族に何かプレゼントしたいときも、この方法で大丈夫みたいです。

 

とにかく「みんなで行く」というのが正解ですので、覚えておきましょう。

こんな簡単なことでも、知らないだけで大損します。

せっかく当たったのに、勿体ないことはしないようにしましょう^^

 

もう一つの解決法

もう一つ解決法があります。

それが、贈与税発生の金額です。

 

じつは、贈与税が発生する条件には金額が関係しています。

年間110万円です。

 

注意点としては、受け取る人の金額が年間110万円という点です。

1人からもらう金額ではないという点が重要です。

 

簡単な例を。

あなたが、宝くじ的中者から105万貰ったとします。

その3か月後、他の人から6万円ほど貰ったとします。

 

この例の場合、最初の105万円貰った段階では贈与税はかかりません。

ですが、6万円貰った場合、110万円を超えてしまうので贈与税が発生します。

 

年間の合計金という点を、間違えないようにしましょう。

これは貰う側も、渡す側も覚えていた方がいいですね。

 

まとめ

まずは当てることが必須ですが、その先の事を考えるのも楽しいですよね^^

万が一にも当たった場合、このようなミスでお金を減らさないよう、しっかり覚えておきましょう。

エスティー
備えあれば患いなし、です。

 

-世間話
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.