競馬・馬券

ロードカナロアの産駒はダートでも買い!人気出にくいからこそ馬券に

投稿日:

少し前にですね、当サイトではディープインパクトの買い方、狙い目について説明しました。

これを書いている当日にも、ディープ産駒で勢いのある馬が好走。

改めて、データの大切さを感じました。

ディープインパクト産駒で競馬を楽しむ!予想に役立つデータ2019

競馬は血統が重要なスポーツである。 これは、昔から言われることですよね。 血のスポーツとも言われますが、やはりデータで見ても血統による傾向はあります。   しかし、その傾向には大小あり、取捨 ...

続きを見る

 

今回は、個人的に気になったロードカナロア産駒

最も勢いがある産駒ですし、これからも注目。

ですが、注目度が上がり人気になりやすくなってます。

 

ですがまだ、あまり気にされていない場所があるのなら。

それがダートでした。

あえて芝ではなく、ダートを見る。

 

これで馬券収支プラスを狙いましょう。

人気が出るまでが勝負。

スポンサーリンク

ロードカナロア産駒をダートで狙うには

では何故ダートで狙うか。

先ほど書いたように、芝よりも注目が少ないため。

だからこそ、オッズが意外とついたり、人気薄になりやすかったり。

 

芝と比べると、少し成績は落ちてしまいます。

それでも、回収値はダートの方がいい事もあります。

これに今回は注目、データを分析してみました。

 

ロードカナロア産駒で狙い目は

細かなところに行きましょう。

1年1か月という微妙なデータですが、ダート成績は全体で約30%の複勝率

回収値は101と、十分狙えるという事がわかりました。

 

芝に比べると頭数が少なく、上のクラスではまだ出走馬がいない。

ですが、新馬戦で買い続けていれば単勝が100を超える回収値

侮れませんし、オッズがつきやすいんでしょう。

芝との大きな違いです。

 

また、未勝利戦では複勝を買い続けて100越え

芝で微妙だった馬がダートに来て、活躍することもあるでしょうね。

 

また、東京や中京、小倉での好走率は高く、回収値もイイ。

これを書いている前日の土曜、3/9の中京1レースの未勝利戦。

新馬戦で芝を使ったアイアムピッカピカが、ダート変更で3着好走。

 

前走11着から、人気は8.5倍の5番人気でした。

ちなみに、その次のレースもロードカナロア産駒の馬が2着に。

 

芝では人気になりやすいが、ダートで落ちる。

これを狙えると大きく、特にこの3つの競馬場では注目ですね。

 

産駒の母父も見逃せない!

では血統的な話を見ていきましょう。

そもそもロードカナロアはキングカメハメハの産駒。

この馬は、非常にマルチな産駒を輩出しました。

 

つまり、その才能はロードカナロアにもあるという事。

アーモンドアイは、母に中長距離で走れる馬を入れました。

心配された距離は、もはや関係ありませんでしたね。

 

ということは、ダートで走れる馬を出したって、驚かないわけです。

これがキンカメの凄いところ。

 

では、どのような血統がダートで走るのか。

最も成績を挙げているのが、母父にアグネスタキオンです。

これを書いている日の競馬にも、多く活躍を見せました。

 

この組み合わせの馬は、22回出走し、半分が馬券に絡む活躍。

回収値は100を超え、複勝率50%という絶好の狙い馬。

アグネスタキオンは現役時代、不良馬場の弥生賞を圧勝したパワーのある馬ですからね。

 

ダートの活躍できる血を持っていても驚きません。

また、母父ディープインパクトも買い続けてプラス収支

これだけの血統なのにプラスって言うのは、ダートで評価が下がりやすいという事ですね。

 

その他ではサンデーサイレンス、アジュディケーティング、ネオユニヴァースもいいですね。

どれも買っていればプラスになりやすく、好走率も高いものです。

 

コース形態などは

血統について分かったところで、最後に気になるコースについて。

競馬場については説明しましたが、より細かく。

 

距離に関してですが、1000mからマイルの1600mが狙いどころになってきます。

1800m戦では、かなり成績を落としていますので、狙うのは危険。

よほど好調か、強い馬のみ注目しましょう。

 

珍しいコースですが、1000mでは絶対買いですね。

40%を超える複勝率で、買ってるだけでプラスになります。

 

それから、距離短縮での出走で大きく回収値を上げます

前走阪神のダート、または芝を使った馬は狙い目。

これだけ知っていれば、回収値はかなりのものでしょう。

 

ロードカナロア産駒をダートで儲けるデータまとめ

最後に簡単なまとめを。

芝で注目されるロードカナロア産駒をダートで狙う事で、回収率を上げる作戦。

データで見ても通用するので、知っている人の勝ちという事ですね。

 

新馬戦や未勝利戦ではチェック

中京・東京・小倉では狙っておく

距離短縮で好走率アップ

マイルまでで狙う

母父アグネスタキオンが最高(血統は見る)

 

これだけ、1頭の種牡馬で狙えるデータが出てきました。

細かなところは、記事内で説明できたと思います。

 

皆が買いにくいところで勝負する。

競馬だけでなく、何においても勝てる人はそうしますよね。

注目される前にチェックするべし。

 

こういう情報を、今後も探してみますので応援よろしく♪

-競馬・馬券
-, , , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.