競馬・馬券

僕の競馬予想方法のメモ記事!絶対に忘れてはいけないルールとセットで

投稿日:

この記事は珍しく、今自分が実践している予想方法を記すものにします。

重賞レースや高知競馬のファイナルレースでは、若干のルールに違いが現在あります

ですが、その他の平場の中央レースや地方競馬、これはある程度共通しています。

 

今回はそれを忘れないための、あくまでも自分用に書く記事になっています。

今現在、馬券予想で悩んでいる人の参考になるなら、それはそれで嬉しいので公開という形に。

スポンサーリンク

予想方法のルールについて

まずは予想法のルールですね。

これは少し前から大きく変わっていないので、変更なく確定としたい。

 

注目するのはコース実績とローテーションの実績

また、連闘から中3週までの馬に限るというのが、マイルールとなっています。

特に地方では有効で、中央のように施設でびっしり追えないためレースを使ったほうが力出せる。

 

中4週は個人的に微妙で、中3週までが上積みも良いという印象です。

もちろん、実践する中で何度も好成績だった事実はあるので決めました。

 

それから血統に関しては最近ルールを追加。

過去3年間のデータから、勝率2桁%か複勝率30%越えがなければいけない

このルールは厳しく見なくてもいいですが、絞りたいレースがある際には有効ですかね。

 

馬券の買い方のルール

予想法よりも大事な買い方のルール

ここでしっかりルールを決めなければ、全通り買って大負けすること間違いなし。

いかに無駄をなくせるか、そういう事だと思います。

 

今決めているルール、まずは単勝オッズに関する事。

やはり8倍以上は欲しいところですね。

もっと厳しくするなら、10倍以上という風に決めてもイイでしょう。

 

また、これまで少しづつ変えてきた買い方ですが、現在は単勝メインとなっています。

複勝分のマイナスは、取り返すのが大変なのでよほど配当が付く場合のみ、少額で保険として買う。

 

東海Sのメモリーコウのような場合ですね、あれは一応買ってもいいかもしれません。

単勝8倍以上で、基本は単勝のみ。

複勝がかなりつく場合は、保険で少額とする。

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

淡々と説明しましたが

これは忘れないように、書いたメモのような記事になります。

ただ自分の今の予想法を、ほとんど書いたという事で今後のネタバレに繋がりますね。

単勝が5倍くらいなら、参加せずにグッと我慢する

 

もちろん、その馬が勝ってしまう事もあるでしょう。

それに慣れることが重要でしょう。

 

ダメージは最小限、利益は最大に

理想の買い方に向け、徐々にでもいいので近づいていきましょう。

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.