競馬・馬券

ニュージーランドT2019の過去データ!1番人気は買える傾向に

投稿日:

今週の競馬は牝馬が主役!

これに間違いはないでしょうが、それだけでは終わりません。

土曜日に開催される重賞、ニュージーランドTですね。

その他のレース予想やデータはここ♪

 

3歳馬限定のマイル戦ですが、NHKマイルカップへ向けての大事なステップ。

ここまでに注目されている馬も出走しているので、力関係はどうなのか。

G1を制する馬が現れる可能性を秘めているだけに、このレースも注目ですね。

スポンサーリンク

ニュージーランドTの枠順別傾向

まずは枠順による傾向を見ていきます。

ただし、その前に一つ報告がありました、このレースは全体的に単勝回収値が高め

つまり1着馬が荒れる可能性もあるという事で、それだけは覚えておきましょう。

ちなみに回収値は92です。

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 0 0 0 0
2 5% 45% 18 238
3 20% 35% 316 105
4 10 15% 358 152
5 0 15% 0 38
6 5% 10% 17 17
7 4.8% 9.5% 14 19
8 4.8% 19% 16 44

 

以上の結果が過去10年分のデータになります。

好走率が高く、なおかつ回収値が高いのが2枠や3枠になりますね。

勝負してみる価値があるのは、4枠になるでしょう。

 

狙えないのは最内1枠です。

ここまではっきりと好走例のない枠も珍しく、相当不利であると言えるでしょう。

外目の方の枠もオススメは出来ませんね。

 

ニュージーランドTの前走別傾向

それでは前走別の傾向も見ておきましょう。

ローテや結果、それから内容などですね、しっかりとチェックしておけば的中率アップも狙えるでしょう。

 

まずは前走の着順から。

これに関しては珍しくですね、はっきりとしたデータというか偏りが見つけられませんでした。

強いて言えば前走2桁だった馬は厳しいという事だけ。

 

前走勝った馬でも、負けた馬でもしっかりと走れる傾向にあります。

ですので、あまり着順で決めることは危険であると言えるでしょう。

 

では前走のローテではどうか。

前走ファルコンS組とスプリングS組が最も勝ち馬を出しており、王道と言えそうです。

特にスプリングS組はですね、回収値も優秀なので迷ったらこちらを狙うといいでしょう。

 

また500万組に関しては、勝利数こそ少ないですが好走例はそれなり

特に複勝回収値は悪くないので、軸にせず相手にするなら狙いでしょう。

 

最後は前走の競馬の内容

これは明らかにですね、中団から差す競馬をした馬が狙い目です。

最も好走例も多く、それでいて回収値は優秀。

黙って差し馬から狙うのも、このレースで勝つためのデータでしょう。

スポンサーリンク

ニュージーランドTの傾向その他

気になる人気について触れてみます。

1番人気は買っておいた方がよくてですね、勝ち馬4頭に馬券外は僅か3頭。

安定して毎年走っており、回収値も100を超えるプラス。

 

2番人気も似たような成績で、回収値まで100を超える。

無理に人気薄を狙うと厳しいレースという事でしょう。

 

人気薄を狙うならば12番人気を推奨。

なぜかすごく走る傾向にあり、複勝率4割で勝利数も2と高水準。

不思議なほど走ってますねw

 

それから血統に関して。

最も走る組み合わせがサンデー系とニアークティック系の組み合わせ

回収値も100を超える成績ですね。

 

ただ今年はアガラスのみ該当。

これが吉と出るか凶と出るかは、その時が来るまでわかりませんねw

ただし期待は出来るでしょう。

 

ニュージーランドTの傾向別まとめ

ここ最近の重賞に比べ、単勝回収値の高いニュージーランドTですがどうでしょう。

傾向別に見ても、はっきりと狙えるデータもあったのですが、そうでないことも多かった。

つまり比較的予想が難しいレースと言えるのではないでしょうか。

運の要素も必要かもしれません。

 

2枠3枠は面白い

前走中団で差す競馬をした馬

上位人気2頭は好走

12番人気は穴馬として

 

ハッキリとした狙い目はこのあたりでしょう。

特に12番人気の好走は不思議なほど高いですからね。

これが単勝回収値を高めている要因かも。

 

また上位人気2頭も強そう。

人気を参考に当てるのも、ありかなと思います♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.