競馬・馬券

ディープインパクト産駒で儲けることは可能か!?データから探してみる

投稿日:

今の日本の競馬界で、ディープインパクトの名を知らぬものはいないでしょう。

馬券を買う僕たちも同様で、G1クラスではほとんどの頻度でその産駒の馬が出走しています。

では、このすでに有名な産駒でプラスになる方法はあるのか!?

 

今回は調べてみました。

基本的にデータはこの2年間のものを使用しています。

スポンサーリンク

ディープ産駒の狙い時

ディープ産駒は基本人気になりやすく、プラスになるには難しいです。

回収率も単勝が65%と低め。

設定値よりも低いため、通常狙わないことが正解といえます。

ちなみに、勝率は約12%でした。

 

では狙い時は存在するのか。

数少ないですが探せたので紹介しますよ。

 

ディープ産駒が狙えるコース

ディープインパクト産駒で狙えるコースは少ないですがあります。

まず、大雑把に説明すると儲けられる競馬場は札幌競馬場のみです。

2年間の勝率が15.9%回収率は137とプラス。

 

札幌競馬場ではディープ産駒は絶対に買いですね。

で、競馬場別だと儲かるのはこれだけ。

いかにディープが儲からないかがわかるでしょう。

 

得意とされる京都競馬場も、成績を見たら他とあまり変わりません。

なのに回収率が低いところを見ると、人気先行という感じですね。

そういった意味では京都開催ではディープ産駒は狙わない方がいいとも言えます。

 

さて、それでは具体的なコース別成績を見ましょう。

基本的な話ですが、ディープ産駒は芝の方が走ります。

なのでダートよりも芝をメインで狙いましょう。

 

まず狙っていきたいのは阪神芝2000です。

勝率17%で回収値が132と、なかなかに優秀な成績です。

ディープのこれまでの値を考えれば、十分狙うべきコースでしょう。

 

後は中山芝1800もオススメ。

回収率もプラスで、成績よし。

複勝では厳しいですが、単勝での勝負は面白いでしょう。

 

また、データは少ないですが阪神2400もおすすめ。

単勝複勝ともにプラスで、複勝率は42.3%と優秀な成績です。

この3コースでは迷わず買っておきましょう!

 

この騎手の時が買い!

コースは終わり、次は騎手。

実は、積極的に狙いたい騎手は1人しかいませんでした。

それこそが藤岡佑介騎手

 

今年に入り成績が素晴らしくなった注目の騎手。

彼がディープ産駒に騎乗した際、勝率12・2%で回収値は106とプラス。

個人的にはまだ上がりそうな予感がするので、今後にも期待しましょう。

 

あとは和田竜二騎手も単勝でプラスですから、気になる場合は入れましょう。

 

今回をまとめると

いかがでしょうか。

いかにディープで儲けることが難しいか、伝わったと思います。

個人的に一番の驚きが、京都競馬場での成績。

 

得意といわれていたのに、回収率が低いうえに来る確率も大きく変わらず。

これは知っているだけで大きく変わるデータでしょうね。

 

少ない稼げる場所で、確実に狙っていきましょう^^

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.