競馬・馬券

菊花賞は血統から!ステイゴールドに注目集まるがあの馬も

投稿日:

どうも、エスティーです。

僕としても思い入れの強い菊花賞。

昨年は見事な作戦(自分で言いますがw)で、何とか的中。

 

昨年ほどの条件ではないですが、今年もやはり難関なよう。

今少し予想してますが、難しいですよ。

なのでまとめる意味でも、少し整理してみようと思います。

 

菊花賞は血統から予想。

これは基本と言えるでしょう。

スポンサーリンク

強い馬が勝つレース

 

菊花賞は強い馬が勝つと言われるほど、タフなコース。

距離もそうですが、京都競馬場という条件も厳しいんですよね。

坂を数回使いますから、脚への負担も大きい。

 

強くタフな馬が、このコースでは強いんですよ。

それは天皇賞春を見ても明らかでしょう。

 

そんな中、タフさに注目すると強い血統が出てきます。

有名なところではステイゴールド産駒

オルフェやゴルシを輩出し、素晴らしい種牡馬になりました。

 

この条件だけに限らず、長距離レースや道悪では買いの血統。

ただし、そこそこの競馬ファンなら知っているため、妙味はないかもしれませんね。

なので今回、それ以外のところで勝負してみようと思います。

 

ステゴ以外の狙い目血統

まず気になってきたのはルーラーシップ産駒

昨年の菊花賞勝ち馬、キセキのお父さんでございますね。

エアグルーブとキンカメの配合で、現役時も活躍した素晴らしい馬。

 

産駒成績を見ても、短距離よりも完全に長距離。

成長力にも期待が持てて、4歳を超えても成績は悪くない馬が多い。

元々の血統が素晴らしいだけに、それが継承されればいい馬が出てくるでしょう。

 

ほかではオルフェーブル産駒も気になっています。

芝は当然ですが、ダートでの活躍馬が多いのが意外でした。

道悪でも走れていた馬ですから、産駒にもパワーが継承されているのでしょう。

 

オルフェはステゴの産駒でしたから、当然同じような能力は期待していいはず。

ステゴの能力を継承できるかどうか、菊花賞で判断してみたいですね。

その可能性は高いはずですが。

 

18菊花賞はどの産駒が勝つか

ステイゴールド産駒は当然、先ほどの2頭にも注目です。

オルフェはいきなりいい馬だしていますからね、これからが楽しみ。

ルーラーシップも素晴らしい安定感を見せています。

 

昨年の例もありますから、軽視は出来ませんね。

ディープも軽視する必要はないでしょう。

 

ただしオッズ的にはまだ注目されていないところもチェック。

特にルーラーシップは狙い目だと思ってますよ♪

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.