競馬・馬券

女性騎手に恩恵が!?減量制度スタートで藤田騎手も活躍加速か

投稿日:

今回、競馬に関して気になる情報がありました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、女性騎手に対する新ルール。

それが女性騎手減量制度

 

新人騎手に対する減量は、これまでもありましたね。

それに加え、女性騎手にも減量を、というのが今回の制度です。

すでに海外でも取り組まれているこのルール。

 

導入は決まっているそうで、20日に詳細が出るとのこと。

どのようなルールにしろ、現役では藤田騎手のみですからね。

この先、新たなヒロインの登場もあるわけですよ。

 

では、このルールに関して皆さんはどう思ったのか。

僕の意見も紹介しておこうかなと、思ってます。

スポンサーリンク

新ルールに関する意見

僕としては、そういうルールもありかなという感じ。

そもそも競技でありますから、男女で同じ条件というのは難しいのかなと。

オリンピックとかも男女同じなんて、考えられないですよね。

 

一応、競馬は馬が主役であると考えれます。

それを重点的に考えれば、男か女かなんて関係ないと。

馬の性別で分けなさいと、こういう意見も多くあるとは思います。

 

ですが、デムーロ騎手が筋力トレーニングなどをしているのを見ましたが、やはり腕の力などでは男有利。

鍛える必要があるという事は、ジョッキーには不可欠、または勝つために必要な要素と考えられます。

 

男女ともに活躍できる世界。

これを競馬界も目指す考えならば、今回の新制度は納得できないでしょうか。

 

新制度を取り入れたフランスでの出来事

フランスでは、この制度を17年から導入。

すると、面白い結果になったそうですよ。

 

というのも、なんとフランス競馬のリーディング争いが一気に変化。

日本でもおなじみのスミヨンなどを抑え、23歳の女性騎手がリーディング首位に上がったのです。

ここまでの変化は凄いですね。

 

では何故こうなったのか。

実はフランス競馬では、減量が2キロとかなり大きかったそうです。

もっと言えば、見習騎手に対するものも含めれば最大で4.5キロ軽くなると。

 

これはもう、活躍して当然と言えますねw

男性騎手からの反発で、現在では1.5キロをベースにしているそう。

これでもかなりの差がつきそうです。

 

あまりに大きな減量をすると、このようにリーディングに大きな差をつけかねない。

この辺りをどう考えるか、20日が楽しみですね。

 

ちなみに、この制度で女性騎手はトータルの勝利数が59から279に変わったそう。

う~ん、これは考えさせられますね。

 

どう変わるのか女性騎手制度

ということで、フランスを例に出しましたがどうでしょう。

こりゃ馬券を買う僕たちも、相当悩みますよね。

一応日本では、重賞クラスでは適用されないとされています。

 

それでも普段平場を予想するならば、無視できないファクターに。

外国人騎手か、女性騎手の一発か。

こういった悩みもでるでしょう。

 

日本の女性騎手候補生も競馬学校に在籍していますね。

こういった女性の進出には非常に大きな影響を与えると思います。

この制度をどの範囲まで強化するのか。

 

まずは20日の報告を待ちましょう。

さらなる女性騎手の活躍、楽しみになりますね。

-競馬・馬券
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.