競馬・馬券

18ジャパンカップ出走馬の研究!香港制した実力馬サトノクラウン編

投稿日:

どうも、エスティーです。

今回はサトノクラウンを分析。

香港G1を制した馬であり、宝塚記念も勝利している。

 

サトノクラウン以外の出走馬について

 

近走振るわないが、実力自体はあった馬。

何かの拍子で勝てる可能性はあるでしょう。

 

それが今回できるかどうか。

分析していきましょう。

スポンサーリンク

サトノクラウンを血統で見る

この馬を血統で見るのは難しいですね。

現役ではこの馬しか残っていませんから、データが少ない

ただ、兄弟を見てもあまり走る馬もおらず、この馬はかなり頑張りましたね。

 

香港を勝てたのは、この海外血統が故かな。

馬場が重いほうが走るのも、血統からくるものでしょうか。

 

ジャパンカップも、かなり雨が降ればチャンスはあるでしょう。

前走は、稍重と発表されるもそこまでという話も聞きました。

大雨狙い、この血統はそう考えてイイのかもしれません。

 

サトノクラウンとジャパンカップ相性

ではこの馬自身にスポットを。

昨年に比べると、明らかに成績は落ちますね。

宝塚記念を久々の競馬で勝利、天皇賞秋でもキタサン相手に接戦の2着。

 

まさにピークだったのでは。

ただし良馬場になったジャパンカップと有馬では大敗という結果

馬場が重くないと勝負できないと考えます。

 

この馬は、もう馬場状態次第で決めてイイと思いますね。

重馬場位になれば、確実に押さえは必要。

今の成績でもそれは変わらないと思います。

 

サトノクラウンはジャパンカップで買いか

評価としては、馬場が荒れれば注目すべしという感じ。

良馬場では、今の成績を見ても買うことは出来ない。

鞍上がよほどよくても、買いにくいですね。

 

前走は条件考えても負けすぎています。

ピークは過ぎているのかもしれません。

なので唯一の条件、馬場状態にのみ注目しておきましょう。

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.