競馬・馬券

18ジャパンカップ出走馬を研究!もう一度あの栄光をシュヴァルグラン編

投稿日:

どうも、エスティーです。

今回研究するジャパンカップ出走馬はシュヴァルグランです。

昨年の勝ち馬で、キタサンブラックやレイデオロに勝利した実績。

 

シュヴァルグラン以外の出走馬について

 

今年も当然注目すべき1頭ではあるでしょうね。

天皇賞春では人気に応えられずの2着でしたが、ここは連覇をかけている。

どのようなレースをしてくれるでしょうかね。

スポンサーリンク

シュヴァルグランの血統から

この馬の血統は素晴らしい。

まずはお父さんがハーツクライという事で持続性がありますね。

そして、恐ろしいほどに条件が変わってもほとんど成績に差がない。

 

得意舞台が無ければ、苦手舞台もないという感じ。

堅実型とでも言えますかね。

 

これは距離に関しても言えますね。

スプリント路線では少し落ちますが、それ以外ではそれほど大差なし。

どこでも行けまっせの、ハーツクライです。

 

そしてこの馬、血統の凄さに兄弟の活躍があります。

ヴィブロス、ヴィルシーナという兄弟。

大魔神マジで凄いの一言!

 

シュヴァルグランだけハーツクライの産駒ですが、その分賞金も一番高い。

今なお走れているからこそ、この賞金の高さ。

昨年からの能力に関しても、そこまで気にはなりませんね。

 

シュヴァルグランの近走分析

この馬自身についてみていきましょう。

前走は休み明けからの4着

サトノダイヤモンドが勝利しましたが、動きが悪かったですね。

 

斤量も重たかったし、仕方のない結果ではあったか。

では前走の結果で評価を落とすべきか?

僕はそこまで気にしません。

 

この馬は休み明けで勝ちきれないことも多く、叩いてこその馬

若干負けすぎ感もありましたが、斤量が重たいこともありました。

 

更にこの馬は、東京では馬券圏外いまだなし

ジャパンカップ制覇もあるし、当然得意な舞台であると言えるでしょう。

一度使って得意な舞台へ。

軽視することは危険でしょうね。

 

ボウマン騎手が乗る予定だったという話もありますね。

今回はクリスチャンデムーロ騎手が騎乗という事。

初のタッグですが得意舞台での活躍は期待です。

 

ジャパンカップでのシュヴァルグラン評価

この馬の評価としては、確実に買っておくべき馬ではないでしょうか。

やはり馬券圏外のない舞台ですから、期待してオッケー。

天皇賞春の走りも、衰えは感じませんしハーツクライ産駒。

 

斤量の思い前走はそこまで気にしなくてもイイのではないか。

走る東京での活躍が期待されます。

買わないのは厳しいと思いますね。

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.