競馬・馬券

2019アンタレスステークスの過去データ分析!使える馬券のポイント4点

投稿日:

今週日曜日は皐月賞だけではありません!

4歳以上でダート戦という真逆のレース、アンタレスステークスが行われます。

その他のレース予想や傾向データはココから♪

 

アウォーディーやホッコータルマエも勝利した経験があり、侮れるものではありません。

もしかすれば、今後強くなる馬を発見できるかも?

皐月賞だけでなく、こちらも注目して見ましょう。

スポンサーリンク

アンタレスステークスの使えるデータ

では予想に使えるデータを探していきましょう。

使えるというのはもちろん、的中だけでなくある程度の回収値も。

競馬をやる以上、勝てるデータは欲しいですよね。

 

まずは枠順から見ていきましょう。

注目なのは過去10年間で4勝が5枠から出ているという事。

強いのかもしれませんが、4頭以外は全て馬券外という事で、まさに勝つか負けるかのどちらか。

 

安定性は6枠が優れており、注目して損はないでしょう。

外の枠も走れそうですが、1・2枠も好走率が高く、軽視は禁物です。

3・4枠は少し落ちる印象があるので、多少下げてイイでしょう。

 

それから、このレースでは勢いも必要になると言えます。

なぜなら前走1着馬、もしくは2着馬の好走率がかなり高いからです。

特に前走2着馬は出走馬の半分が馬券になっており、高い回収値も評価。

注目しておきましょう。

 

ローテに関しては活躍馬がそれぞれ違っているので評価が難しい。

ただし前走マーチS組はかなり苦戦しており、出走馬が多いのに勝利なし。

軸で考えるのはとても危険だと思っていいでしょう。

 

血統に関しても調べてみました。

残念なことにですね、買い続けてプラスになるような血統はない。

ただしサンデー系のお父さんが頑張っており5勝。

ただしディープではなく、ダート系であることは当然ですね。

 

そこで注目したのが配合の組み合わせ。

これはかなり顕著なデータが現れました。

サンデー系とネイティブダンサー系の配合ですが、これが最高です。

 

サンデー系の5勝全てがこの配合であり、モルトベーネやクリノスターオーが過去に該当。

ダート系のサンデーに、キングマンボ系を除くネイティブダンサー系。

 

今年の予定馬で言えば、ウェスタールンドが該当しますね。

その他にもいるので探しておきましょう。

スポンサーリンク

人気別の成績はどうなの?

気になる配当に関することですが、あまり全体的な回収値は良くないです。

単勝は36で複勝57ですから、点数はおさえて狙っていきたいレースと言えるでしょう。

 

1番人気は4頭勝っており、複勝率は80%とかなり高い。

皐月賞と比べると、さらに荒れないレースと言えるでしょう。

 

また、3着まで含めても1~6番人気の馬がほとんど。

軸は3番人気以内で、あまり穴を狙いすぎないのが、的中するための条件でしょうかね。

穴党には厳しい、今年は荒れるでしょうか?

 

アンタレスステークスの狙えるデータまとめ

では最後にまとめておきましょう。

全体的に見て人気馬中心の活躍です。

 

6枠の安定感

サンデー系とネイティブダンサー系の配合

1~6番人気でほとんどが決まる

前走1着か2着

 

このような感じでしょうか。

無理に穴馬を狙はず、根拠をもって予想しましょう。

全体的な回収率の低さも注意が必要。

 

また、特に前走の着順は絶対注目ですね。

活躍した馬の勢いを評価、これで勝負しましょう♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.