競馬・馬券

2019天皇賞春の過去データから見る傾向!平成最後のビッグレースは枠勝負か

投稿日:

数々のドラマを見せてくれた、平成の競馬史。

その最後となるG1天皇賞春は、非常に注目度が高いでしょうね。

シャケトラの悲報は本当に悲しくなりましたが、メンバーは揃いました。

天皇賞以外の予想や傾向データはここから♪

 

激闘を予感させる、長距離戦のレース。

傾向とクセから、天皇賞春を攻略していきましょう!

スポンサーリンク

天皇賞春の予想に使えるデータ・傾向

このレースを予想する上で、かなり偏っている傾向。

それは枠順によるものでしょう。

いつもと同じように、過去10年間のデータを調べてみました。

 

勝ち馬のうちの半分である5頭は、なんと最内である1枠からのレース。

これほど偏りがあるレースもかなり珍しいですよね。

古馬にとっても厳しい長距離戦ですから、ロスなく競馬出来る馬ほど有利。

 

つまり反対に言えば、外枠は買いにくいということですね。

7枠と8枠からは勝ち馬が出ておらず、苦戦が強いられます。

ただし2着3着はあるので、馬次第ですね。

 

ローテーションでは前走G2以上の馬が活躍。

いきなりの昇級戦では通用しにくいので、ある程度実績と経験が必要になります。

その中でも日経賞や阪神大賞典、大阪杯組が比較的優秀な成績

ほとんどの勝ち馬はこれらのレースからの参戦です。

 

着順に関しては、2着以上であった馬を中心に買えば当たる傾向に。

大敗した馬でもチャンスはありますが、確率は低いので事情があった馬なら狙ってもイイかな。

基本的には大逆転が難しいレースと言えるでしょう。

 

血統に関しては、当然ですがスタミナ型が含まれるといいでしょう。

例えばステイゴールド産駒は過去4勝を挙げる活躍。

チーフベアハート産駒も買えるデータがあり、長い距離を走れる馬を探しましょう。

 

ちなみにディープ産駒はかなり苦戦しておりいまだ勝利馬がいない。

人気を集めるようならば、軽視してもイイでしょうね。

 

天皇賞春の人気馬は買えるのか?

では気になる人気別での傾向ですね。

注目を集めるであろう1番人気についてですが、ビックリするほど好走しない

勝ち馬僅か1頭のみで、それ含め馬券内には2頭。

 

回収値はもちろん低いため、わざわざ狙う必要が無いでしょう。

昨年のシュヴァルグランは2着でしたが、今年はどうか。

 

そこで狙いたいのは2番人気です。

勝ち馬は5頭出ており、複勝率は7割と十分買えるデータになっています。

回収値も単複でプラスになる。

 

それから2桁人気も十分走っているので、全頭しっかりチェックすべきですね。

消せる馬と消せない馬、根拠を持った予想が必要。

やはり難しいレースですね。

 

2019天皇賞春に使える傾向別データ

天皇賞春は長距離でのレースという事もあり、難しい傾向ですね。

ディープ産駒の成績も良くないし、過剰人気には気をつけたい。

注意すべき点の多いレースだと思いましょう。

 

1枠は絶対注目

前走は長い距離のG2

スタミナのある血統

2番人気から

 

これだけの条件に合う馬がいれば、かなりチャンスだと思っていいでしょう。

特に1枠の強さはかなりなので、運によるものも結構大きいですね。

そうでなくても、基本は内目の枠から注目です。

 

今年の出走馬には注目を集めるディープ産駒がいますね。

この不利なデータをどう考えるか、最後まで悩みそうです♪

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.