競馬・馬券

日本ダービー2019は人気薄のロジャーバローズ!浜中騎手初制覇だ

投稿日:

人気薄の馬が好走しにくいという日本ダービー

もちろんすべてのホースマンが憧れるという事もあり、強い馬が好走しやすいと。

今年も3強と言われ、その流れが続くかな。。。

予想したダービーの内容と結果

 

結果はロジャーバローズが粘り切っての勝利

人気は何と12番人気という事で、勝ち馬に関しては荒れましたね。

単勝90倍越え。

これも驚きでしたね。

 

これに関して、そしてダービーの振り返りを行いたいと思います。

簡単に書くと、ディープすげーってわけですね。

スポンサーリンク

令和ダービーはハイペースの逃げに

3強に勝つには、何かアクションを起こさなければならない。

それくらい能力が違うと感じていた陣営が多かったでしょう。

リオンリオンが逃げる展開でしたが、まさかの大逃げという流れに。

 

外目の枠からでしたし、逃げるとはわかっていましたがあの展開は予想できないw

横山騎手も、あの大舞台でよく逃げられたなと思います。

この経験は必ず、今後に生きると信じていますよ。

 

2番手についたのがロジャーバローズ

前に行って競馬するタイプですが、前走では逃げて残った2着。

内容を見れば、後方勢が来る流れだったので、よく粘れたなって言う競馬だったんですね。

後からなら、何でも言えますがw

 

3番手以降も、不利を受けにくいであろう縦長の展開でしたね。

サートゥルナーリアの出遅れは驚きましたが、その後は直ぐにリカバー。

大きな遅れはなかったですが、どうでしょう。

 

ダノンキングリーは比較的前に行きましたね。

皐月賞同様、最後は抜けるだけという競馬を出来たかなと思います。

今回は結果的に不利もなく、力は出していた印象ですね。

 

最後に上がってきた3強の一角、ヴェロックスですが気持ちの強い印象ですね。

皐月賞のラストもそうですが、並べば勝とうとするため伸びてきます

こういう馬は、結構走ってくれるので今後が楽しみ。

 

調教が凄かったので、しばらく休んで秋。

これが楽しみになってきます。

 

サートゥルナーリアは4着でしたが出遅れ。

そして鞍上変更のジンクスが更新されてしまいました。

最後はヴェロックスにまで交わされ、少し残念な結果。

 

距離に関する点も不安になりましたね。

競馬が難しいことを、特に初心者には伝えた形になりました。

 

5着はニシノデイジー

東京は合いそうで、今後大きな舞台で活躍してほしい。

勝浦騎手にとっても、貴重な経験になったでしょう。

今後も騎乗してほしいが。

スポンサーリンク

竹之下騎手が初ダービー

個人的に嬉しかったベテラン騎手の初ダービー

2番のヴィントでしたが、人気以上の走りで14着。

オッズ317.9倍を考えれば、素晴らしい走りだったと思います。

 

前に行って競馬をしたいタイプでしょうが、今回はついていけず。

今回のダービーを盛り上げた一つの要因だと思ってますので、今後が楽しみ。

同馬は下のクラスに行けば走れる素質ありですからね、出走すれば見ておきましょう。

 

結局ディープの東京競馬場

終わってみれば、ロジャーバローズもディープインパクト産駒でしたね。

オークスの傾向から、注目していたのですがここまでとはw

ダノンキングリーが走ってくれたので、良しとは思いましたが。

 

ワンツーディープ産駒は、オークスと同じ

思えば、東京10レースもディープ産駒だったんですよね。

 

その後の目黒記念も含め、完全にディープ産駒の庭です。

なら来週東京競馬場では?

いますよね、強いディープ産駒が。

おそらく本命になるでしょう♪

-競馬・馬券
-, , , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.