競馬・馬券

【G1安田記念2019】馬券予想のヒント!10年分のデータから傾向探し

投稿日:

アーモンドアイとダノンプレミアムの対決に、競馬ファンはワクワクしているでしょう。

世界との戦いを終え、国内復帰戦となるアーモンドアイか。

国内専念の大崩れなし、抜群の能力を見せるダノンプレミアムか。

 

決戦の舞台は東京競馬場のマイル。

安田記念で行われますよ。

先週のダービーから、安田記念まで盛り上がり続き。

 

個人的には、ダービー以上に楽しみなんですがねw

マイル戦ではありますが、最強候補決定戦となるでしょう。

その他にもG1馬多数参戦。

馬券のヒントを傾向から探していきます。

スポンサーリンク

安田記念の使える傾向データ

これだけのメンバーですから、枠順や傾向は特に重要。

ダービーは1枠が制しまして、データの大切さを改めて見せつけた。

ここも初心に帰り、データからの傾向を参考にしたいですね。

 

まずは枠順別傾向

明らかに勝ち馬を出しているのが5枠の4勝

次にいいのが2枠の2勝で、この両方で計6勝となっている。

 

5枠は当然回収値も高く、特に単勝での狙いが期待されます。

2枠は馬券率も良く、複勝回収値は100を超える安定感。

この2つの枠、どちらかは絶対におさえなければならないでしょう。

 

特に頭を考えると5枠。

3連複などで買う際の軸は2枠ですね。

 

それから次にローテや前走

前走勝利していた馬が、半分の5勝を挙げていますね。

勢いの評価は必要であると考えます。

 

それから、6~9着だった馬の複勝は狙い目。

ただし勝利は期待薄なので、あくまで相手候補ですね。

勝利が狙えるのは1~4着馬

これで過去9勝が合計なるので、ここが中心。

 

ローテダービー卿チャレンジT組が有利

勝つか負けるかの2択になっていますが、頭で狙う人は最高のデータ。

今年も期待は出来ると思いますね。

 

それから内容ですが、前走上がり最速、または2位だった馬がかなり好走しています。

マイルという事もあり、東京という舞台が重なることで直線勝負に期待。

ラストの脚がいい馬こそ、この舞台で活躍する馬であると言えます。

 

血統に偏りはそこまでない。

ただ、キングマンボ系が微妙なことから、少し心配したい馬もいますね。

ディープ産駒は、比較的走る傾向にあります。

スポンサーリンク

安田記念の人気別傾向とは

では、このレースが荒れやすいかどうか

これを調べていきます。

とはいえ、今年はかなりのメンバーですから当てはまるかどうか。

 

1番人気の走りは、過去4勝して6頭馬券

回収値はそれぞれいい感じで単勝は100を超えるプラス収支。

まずまずではないでしょうか。

 

2番人気は馬券に2頭のみ。

4番人気は馬券に1度も絡まない。

つまり、相手で荒れるレースであるというのが、安田記念の傾向です。

 

8番人気が過去2勝。

9番人気も2勝と、荒れるときは荒れると思っていいでしょう。

今年はどうなるか。

 

安田記念の馬券で狙うべきポイント4点!

最後はまとめですね。

いくつか書いてきた狙える点、その中でも顕著なものをピックアップ。

 

5枠は勝率高い

安定感の2枠

前走上がり最速または2位

1番人気から穴馬

 

この4つが、大きく傾向があり配当も望めるものですね。

調べるのも簡単なので、初心者さんにもオススメ。

ただ意外と、該当する馬が少なそうですね。

 

アーモンドアイかダノンプレミアムか。

これらを参考に、予想してほしいと思います。

-競馬・馬券
-, , , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.