競馬・馬券

京成杯オータムハンデ2020の予想!馬券の本命は内の1頭に注目

投稿日:

日曜競馬はダブル重賞の豪華な開催になりましたね。

土曜日はやられましたが、黙って負けるだけではもったいない。

反省し、次に活かせるよう馬券予想も学びが必要です。

 

京成杯オータムハンデは、その名の通りハンデ戦。

昨年もそうですが、斤量には必ず注意して予想した方が良いでしょう。

というのも、そこまで抜けた馬の出走があまりないからです。

 

展開1つ、斤量の有利不利1つで大きく結果の変わるメンバー

今年もそのような印象なので、穴党の方は特に斤量に注意しておきましょう。

スポンサーリンク

2020京成杯オータムハンデの予想法と軸

予想法は先に書いちゃいましたが、やはりハンデという事で斤量

あまりに重たい馬は、正直そこまで力差のないメンバーなので厳しいですね。

血統は中山の1600mということで、そこまで変わった馬が来ることもない印象。

 

◎→ランキングサイト内重賞コーナーにて公開中!

斤量が少し気になるものの、血統的にも枠的にもここから狙いたいと判断。

 

重賞を勝利している分、少しハンデが重たいような印象もあり。

とはいえ、そこまで斤量自体には不利を感じないので、枠を活かした競馬が出来れば

血統もですね、不安ないどころか楽しみと言える馬です。

 

中山という事もあり、この産駒は注目していいでしょう。

母の血統も走る構成になっていて、数は少ないですが兄弟走ってますからね。

上とは違う距離ではありますが、それは父の影響ですから深く考えなくてよい。

 

本当は1400mや1800mでも走れそうな血統ですけどね。

G1を狙うという意味では、この距離に集中するのはありかなと思います。

スポンサーリンク

対抗単穴馬

対抗馬には16番のスマイルカナを狙っておきます。

過去の傾向からも、軽い斤量で前に行ける馬ならそのまま残ってしまう。

そんなシーンも多いので、今年該当するならこの馬でしょうと。

 

父ディープインパクトという強み、そして母の血統からくるスピード

オークスは完全に距離があっていないですからね。

桜花賞3着馬でこの斤量はハンデ恵まれた感も。

 

とにかく軽視できない軽い逃げ馬。

枠は気になりますが、不利を受けないという意味ではイイかもしれませんね。

 

3番手評価には10番トロワゼトワル

そこまで人気になってませんが、まだ好走できるし軽視できない馬ですよね。

斤量が少し増える形ですが、それでもこの舞台は得意な1頭

 

前走も後方から一気に来る馬が多い中で粘って2着まで。

勝ち馬のインパクトを考えると、よく頑張りましたよね。

アーモンドアイと0.8秒差の馬、そう考えると強く感じる気もします。

 

その他の馬の印や予想に関しては、本命同様重賞コーナーにて

様々な方の予想が一気に見られちゃうので、非常に参考になると思います。

それでは、日曜競馬も楽しんでいきましょう♪

セントウルステークス2020の予想!母が超スピード血統の馬を本命視

土曜日の競馬は、かなり久しぶりに大損を食らいました。 コツコツ勝ってきたので、一気に減るのは悔しさが尋常ではないですね。 それも久しぶりですから結構落ち込みましたw   とはいえ、振り返って ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.