競馬・馬券

2020神戸新聞杯の注目馬4頭!馬券予想の参考にもどうぞ

投稿日:

今週の中央競馬、注目レースはやはりクラシック最終戦へ向けたステップ。

神戸新聞杯でしょうね。

過去の素晴らしい馬も、ここを勝利してG1の大舞台へ。

 

ただし、今年は中京競馬での開催。

いつもと距離設定も変わり、2200mという難しい舞台となっています。

馬券が荒れるとしたら、この条件変更が大きいでしょうね。

 

非根幹距離なので、変わった馬が好走する可能性もある。

コントレイルへの挑戦を見逃すな。

スポンサーリンク

2020神戸新聞杯の注目ポイント

ポイントと書いてますが、注目はコントレイルでしょう。

今年は牝馬にも3冠候補がいますが、やはり現時点では最有力。

その馬の本番前の仕上がりは、当然注目でしょう。

 

僕が調教を見た感じですが、悪い点はないかなという印象。

ですから、この馬を軽視して予想するのはリスク高そうです。

 

ですが、先ほど書いた通り距離は気になるところ。

2200mという舞台は結構波乱もあるので、予期せぬ馬の好走には気をつけたい。

血統で考えるなら、欧州向けなどが飛んでくる可能性はあるでしょう。

スポンサーリンク

注目馬1頭目~コントレイル

3冠がかかる馬ですが、調教の動きも良く久々でも問題なし

距離も当然気になるところはなく、本番である菊花賞までは負けられない。

鞍上の自信も当然凄いものがあるでしょう。

 

血統は以前から僕も解説してますが、ディープにファピアノ系は素晴らしい構成

スピード能力が高い馬が多く、特に高速馬場なら相当な武器になるでしょう。

 

加えてこの馬に関しては、母にストームキャットも入っているんですよね。

これはキズナなど、広く知られる通りディープとの相性は抜群。

走るべくして考えられた血統構成、素晴らしい馬ですね。

 

注目馬2頭目~ディープボンド

キズナの産駒ですが、ダンシングブレーヴの血のおかげか長い距離でもこなせそう

前走のダービー5着も健闘ですが、同じ距離の京都新聞杯を勝利していることに注目。

悪くない判断基準といえるでしょう。

 

コントレイルがいなければ上位とは着差もそこまで

成長を感じるレースだっただけに、今回楽しみは大きいでしょう。

注目馬3頭目~ファルコニア

安定感ならトップクラスの1頭ですね。

G1未出走なのが気になりますが、挑戦する以上は楽しみもあるのでしょう。

成長力や、距離への適性を加味して気になる1頭に選びました。

 

兄弟を見ても2400mなどで活躍していますね。

母がアイルランドの馬で、距離適性に反映されていると思います。

ディープインパクト産駒ですが、これまでも鋭い脚を使う印象はない。

 

距離延長などでタフさやスタミナが問われれば強みを発揮できる。

菊花賞へ出られれば、楽しみな1頭ではあると思います。

競馬をより深く楽しむ方法!馬券予想に血統を取り入れる理由と推奨本

注目馬4頭目~ヴェルトライゼンデ

母が優秀で、ワールドエースやワールドプレミアを送り出した

そして今回このヴェルトライゼンデですから、注目されて当然でしょう。

ただし、父が違うため同じようには期待できないが。

 

ですがむしろ、よりタフでスタミナの問われるレースに強い血統になったと思います。

大きく崩したのも皐月賞のみ、かなり安定してますよね。

ダービーも3着ですし、褒められるべきでしょう。

 

コントレイルに勝つには、タフさの求められるレースになる事。

今回の神戸新聞杯では厳しいかもしれませんが、菊花賞に出られれば期待すべき1頭です。

それは兄弟を考えても、そう思えるでしょうね。

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.