競馬・馬券

G1チャンピオンズカップの出走馬評価!馬券予想のヒントになれば

投稿日:

前回のジャパンカップでも行いましたこの企画。

普段の倍以上文字数書いているので、少し疲れますが楽しいから良し。

今回はチャンピオンズカップ、ここも全出走馬の評価を簡単に書いていきます。

 

国内無敗の馬もいますし、復活目指す馬もいる

もちろん、新勢力もいるため面白いメンバーだと思います。

ジャパンカップの大興奮後でも楽しめる、そんな1戦を期待して。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップの見どころ

まずは国内無敗のクリソベリル

これが間違いなく1番人気になるでしょうが、続くかどうか。

大井で見せたパフォーマンスも高く、逆らいにくい雰囲気はバンバン。

 

何度か対戦している馬もいるため、何かあるなら新勢力かもしれません。

いずれにせよ、大盛り上がりだったジャパンカップと比べても見どころはある。

1番人気の好走が続くG1レース、ここもそうなるか注目しましょう。

 

1枠1番 タイムフライヤー

昨年の8着馬ですが、前が残る展開に敗れた感も少しある。

前走の重賞では5着となりましたが、勝ち馬との差は0.4秒差と大きくない

 

この馬は昨年と同じ1枠1番。

ロスのない競馬ができれば、力の差も少しは埋まる可能性あり。

成長力あるハーツクライの産駒、昨年以上の成績は十分あり得ますね。

 

1枠2番 ゴールドドリーム

昨年の東京大賞典から、少しリズムが悪い印象の同馬。

今年は僅か3戦のみ、ですが馬券に絡んだのは平安Sの1度だけ

これまでの安定感を考えると、さすがに衰えもあるのでしょうか。

 

この舞台での成績はいいので、可能性は感じますね。

ですが一方で、この流れでクリソベリルに逆転できるかどうか。

これは厳しいかなという印象も同時にありますね。

 

2枠3番 メイショウワザシ

スピードが武器の1頭で、スタートから逃げるか先行するか。

この速さは武器ではありますが、重賞では苦戦しているので能力面で厳しいかなと。

 

昨年はインティが自分の競馬をして逃げて好走。

そのレベルにあるかどうかを考えれば、やはり1つ厳しいですね。

思い切った競馬ができれば、もしかすると。

 

2枠4番 エアアルマス

芝を使っていた馬ですが、ダートで素質開花。

元々アメリカ系の血統ですし、合わないわけないんですよね。

前走は4着ですが、中41週という間隔での結果なのでむしろ強く感じました。

 

武器は先行力とスピードの持続。

内の方の枠に来ましたし、逃げないにしろ先行すれば可能性ある馬です。

スポンサーリンク

3枠5番 クリンチャー

天皇賞春でも好走した馬が、ダートを使って超安定成績。

馬券外は2走前のレースのみ、久々の1戦だっただけですぐに次勝利

 

鞍上の判断もアリ、この馬の得意な形で競馬ができたのは大きいですね。

今回も前目に行ければ、しぶとい走りをしてくれる可能性あり。

叩き3走目、ローテも悪くないですよ。

 

3枠6番 エアスピネル

この馬も芝を走っていた1頭です。

鞍上だった武豊騎手も、番組でダートでも走れると思っていたと。

そう話していて、キンカメにサンデーという血統からも納得。

 

前走は差しの展開になったとはいえ、久々で好走は立派

適性的には、馬場が少し渋っていればチャンス高いかなと個人的には思います。

 

4枠7番 カフェファラオ

ジャパンダートダービーでは初のナイターが影響したか凡走。

アメリカンファラオの産駒ですが、勝つときと負ける時の差が大きい

前走は差す競馬をしており、幅が出たなという印象。

 

毎回いい脚を使ってますしね。

左回りはアメリカ血統だけに得意そう、前走中京勝利で不安は少ない

強い古馬相手にルメール鞍上でどこまで勝負できるか、要注目でしょう。

 

4枠8番 サンライズノヴァ

近走は安定感を増しており、今年はさらに強くなった印象もある。

ただその一方で不安な材料はありますね。

それが距離です。

 

前走強い競馬をして勝利してますが、マイルを超える距離では不安を感じる

血統的には向いていないとは思えませんが、過去の実績を考えると。

極端に前が行ってくれれば、一気の差しはあるかなと思います。

 

5枠9番 アルクトス

前走は交流G1で見事な勝利

前が有利な競馬場とは言え、強い相手に一矢報いました。

鞍上の思い切った競馬も見事でしたね。

 

ただそれだけに、今回も通用するかは未知な部分も多い。

1800mの距離実績も良くないので、勢いを評価するかどうかですね。

タフな展開になれば、勝負強さで好走も。

 

5枠10番 アナザートゥルース

サウンドトゥルーを兄弟に持つ良血馬ですよね。

本当にこの兄弟は走る馬ばかり、素晴らしいお母さんです。

特徴の1つはスタミナとタフさ

 

前走は強烈な競り合いをしてしまい、前が総崩れの展開。

それでも5着というのは、むしろ強さを感じさせました。

今回はデムーロ騎手、根性ある馬だけに面白い組み合わせだと思います。

6枠11番 チュウワウィザード

クリソベリルも凄いですが、長い目で見てこれほど安定感のある馬はいないでしょう。

17戦して馬券外はたったの1度のみ。

超抜群の安定感と言えるでしょうね。

 

ただ気になるのは、その唯一の馬券外が昨年のチャンピオンズカップという事。

とはいえ前とは0.3秒差、繰り返しますが前が残る展開でした。

それを差してきて4着、力は見せていただけに人気下がるならラッキーではないでしょうか。

 

6枠12番 モズアスコット

今年のフェブラリーSを制した馬。

能力もありましたし、枠も良かったので完ぺきな状態でした。

前走はその舞台と同じコースで凡走。

 

2走前は前が有利という事で先行させて2着。

ですが中央だと控える競馬なので、流れが向けばという条件が付く。

軸にはしにくいが、軽視もしにくいそんな1頭かなという印象です。

 

7枠13番 インティ

昨年は素晴らしい成績の流れで競馬していましたが。

今年は明らかに苦戦してますね、昨年のような順位で来れるかは難しい。

 

アメリカ系の血統で完成は早い馬でしょう。

フェブラリーSもいいところなしで厳しい結果。

ここでの復活勝利は難題だと思います。

 

7枠14番 ヨシオ

まさかの出走ですが、ジャパンカップからの連闘。

これで好走すれば驚異的な記録になると、永遠に語り継がれるでしょう。

とはいえ、芝のスピードを覚えさせたと思えば。

 

ダートに変わっても能力では劣るので厳しい。

大逃げするなど、大勝負しなければ可能性は低いですね。

 

8枠15番 クリソベリル

今回の主役ですね、カフェファラオがおそらく一番のライバルか。

昨年好走しており、当然不安もないので1番人気で当然でしょう。

逆らうのは難しいですね。

 

レースを1度使って抜群の状態で出走してくるから、余計に恐ろしい。

前走の勝ち方も見事、舞台関係なく勝ち切るこの強さは本物でしょう。

 

8枠16番 サトノティターン

渋い血統構成で、2100mなどで好走が多い同馬。

隣に強い馬がいるので、これを見る競馬でどこまでか。

そういった評価になりますね。

 

自力での勝利は正直厳しいと思います。

昨年の位置取りは素晴らしかっただけに、結果が残念なところ。

まだ重賞のトップレベルでは厳しい、そう評価せざるを得ませんね。

 

主役が強いレースを見せそうな1戦か

クリソベリルという主役がいるので、これも盛り上がりそうですね。

オメガパフュームでも大井で勝てなかったその強さ、これは本物です。

 

展開で崩れるような馬でもなさそう。

一発逆転を狙う予想ではなく、逆らわない方が無難かな。

ただし、カフェファラオがどうなるか、3着争いはきわどくなりそうで3連系は面白そうですね!

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

この世のものには全て理由が存在する。 そういう意味では、競馬でずっと負け続ける人にも何か理由があると思いませんか? 僕も数年前までは年間収支マイナスでした。   このままではいけない! そう ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.