競馬・馬券

中央馬相手に勝利のブルドッグボス引退!種牡馬入りで怪物を地方に

投稿日:

地方競馬で行われるG1は、基本的に中央馬が勝ちます。

それほどまでに力の差、その他にも調教施設の差など色々な要素が絡んでいます。

賞金の高い場所で戦う中央馬ですから、強いのは当たり前ですが。

 

とはいえ僕のように地方を楽しむ人にとっては、意地を見せてほしいと。

それを叶えてくれたブルドッグボスの引退は少し寂しいですね。

 

ただ嬉しいことに種牡馬入りが決まっていると。

この点について少し書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

ダイワメジャーの血を受け継ぐ

ダイワメジャー産駒のブルドッグボスですが、長い間活躍しました。

仕上がりが早いイメージのある血統で、それもダートでしたし興味深い馬です。

ダートだからこそ、長く使えたと考えるのも1つの答えかもしれません。

 

この馬の魅力は切れる脚でしょう。

最終戦もそうですが、直線短い浦和の1400mでも差し切って勝てるレベル。

前が有利な地方でこれだけの成績を残せたというのは、能力の高さを証明しています。

 

もちろん、こういった点を考慮しての種牡馬入りでしょう。

母のパワーと父のスピード、良いところが現れてくれた稀な馬だと思っています。

スポンサーリンク

ブルドッグボスの産駒に期待したい事

地方競馬でやはり考えてしまいますね。

深い砂を走れるパワーは地方で必要な能力ですから。

気象は少し荒いイメージで、まぁやる気があると考えてイイと思います。

 

こういった点が産駒に受け継がれることを楽しみにしたいですね。

地方ではスピード能力が求められ、サウスヴィグラスが分かりやすい例でしょう。

 

ゴールドアリュールを除くと、ほとんど上位はアメリカの馬です。

前に行けるスピードとその持続力が武器なんですよね。

そんな世界でブルドッグボスの産駒はどう戦うのか

 

親が差し追い込みだったのですが、必ずしも同じでなければならないという訳でもない。

配合相手にもよりますが、母父アメリカ系となれば逃げ馬も出るでしょう。

 

スピード能力が高いだけに、ある程度成功すると思っています。

浦和のコーナーを走れる馬なら、器用さもありますからね。

 

また、ダイワメジャー産駒なのでサンデーサイレンスのニックスも入って来ると。

配合相手に比較的自由もありそうですから、楽しみです。

 

中央では分かりませんが、地方では楽しみなお父さんといえるでしょう。

交流G1勝利馬として、素晴らしい怪物が出てくることを待っていたいと思います!

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

この世のものには全て理由が存在する。 そういう意味では、競馬でずっと負け続ける人にも何か理由があると思いませんか? 僕も数年前までは年間収支マイナスでした。   このままではいけない! そう ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.