世間話

コーラを1000円で売れるか!?面白い本を読んでみた

投稿日:

どうも、エスティーです。

今回は、僕が最近読んだ気になっていた本についてです。

そのタイトルが「100円のコーラを1000円で売る方法」というやつ。

 

おいおい、売れるわけないだろ~。

大半の人がそう思いますよね。

僕もそう思ってましたw

 

事実、スーパーなどでは、こういった商品は安売り合戦が日常茶飯事。

あのお店より、こっちの方が20円安いというだけで行く人なんて結構いますよね。

それが大勢の意見でしょう。

 

では、本当に1000円で売ることが出来るのでしょうか?

答えはyesです。

1000円で売るためには

少し考えてみました。

自分だったら、どういう状況でコーラに1000円を支払うか。

 

例えば、漫画のカイジの世界のように限定された空間内で。

外界との接触が閉ざされた場合、この値段でも買う可能性はあります。

事実、漫画内でも法外な金額のビールが売れてました。

 

似た状況では、砂漠でさまよった際コーラを持った人がいたとして。

交換条件に1000円を提示されれば、むしろ喜んで払うでしょう。

 

このように、何か条件が付けば売れるだろうなとは考えました。

しかし、このような条件にはなかなかなりませんよねw

しかも日本で。

 

そもそも、コーラを1000円で売っている場所なんてあるのでしょうか?

実はこれがあったんです。

しかも結構有名な場所でした。

 

スポンサーリンク

1000円でコーラを売っている場所

これを実践しているのが、大阪のリッツカールトンでした。

ルームサービスで行っているそうですよ。

さすが、有名ホテルですな!

 

で、気になるのはその内容。

当然普通のコーラがそのまま出てくるわけではありません。

だってそれでは、100円分の価値しかないからです。

 

900円分の価値をつけなければいけません。

リッツカールトンでは、最適な温度で冷やされ、氷とライムを用意し、最高に美味しいとする状態で、シルバーの盆に載ったグラスのコーラが運ばれてきたそうです。

 

これが900円分の価値ですね。

コーラを売るというよりは、このサービスを売っているという事です。

 

こんなのと似てるかも

これを知った時、僕はいくつか似た事例が思い浮かびました。

例えば、お祭りの屋台

 

たこ焼きとか、焼きそばとか、綿あめとか。

いろいろな出店が多くありますよね。

あれがないと寂しいと思う人もいるのでは。

 

あれも、お店によっては思いのほかいい値段だったりします。

それでも、行列が出来ていることって意外と多い。

それは、たこ焼き自体を売っているのもそうですが、お祭りで食べるという雰囲気。

 

つまり、先ほどのコーラと似ていて、サービスや体験を売っているんだと思います。

実際に僕も、夏祭りの際に500円もする焼いそばを買っていました。

スーパーで300円もあれば買えるし、量もそちらの方が多いです。

 

しかしながら、買って食べている間も後悔はありませんでした。

祭りで焼きそばを食べるという経験が、500円分の価値があると無意識に判断していたんだと思います。

 

経営に興味がある人は見てみましょう

僕はこういった話が結構好きなので読みましたが、興味ある人って多いと思います。

少し古い本ですが、とても読みやすく面白い本ですので、一度読んでみてほしいです。

 

何やら漫画版もあるらしいですよw

字ばかりではクラクラするという人は、そちらをチェックです。

 

100円のコーラを1000円で売る方法」ですよ~^^

-世間話
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.