競馬・馬券

府中牝馬ステークス2019の競馬予想!馬券の軸は不安が指摘される1頭

投稿日:

府中牝馬ステークスは東京1800mという少し特殊な舞台。

つまり、変な馬が来てもおかしくないと言えるのです。

この言い方は誤解を与えそうですがw

秋華賞2019の競馬予想!絶対的主役不在で馬券は荒れると考える

 

どういうことか、東京2000mと比べると必要な能力が変わるという事です。

非根幹距離でのレースですから、ディープやキンカメが絶対王者という訳にはいかない。

昨年の勝ち馬は海外で大活躍のディアドラ、これはハービンジャー産駒でした。

 

それから2年前はクロコスミア、3年前は非根幹距離が大得意だったクイーンズリング

近年だけでも、その傾向はハッキリとわかるかと思います。

もちろん、強い馬はココでも活躍する可能性は十分あるが、波乱度では高め。

 

ということで、いつもは買わないという血統でも注目して見ましょう。

あとは非根幹距離での実績。

これをつかめば、このレースも少しは予想しやすくなるのでは。

スポンサーリンク

府中牝馬ステークスの軸馬

今年のこのレース、本命馬には8番のスカーレットカラーを推奨します。

これがタイトルにある、不安が指摘される勝負馬ですね。

しかし、秋華賞のように4着では困るぞw

 

狙いのポイントは、やはり血統でしょう。

ヴィクトワールピサの産駒は、芝の実績距離別で1800が最も好成績

前走も、あのミッキーチャーム相手に差のない2着でした。

 

ここ3走は順調に来ており、2000mの2走前でも接戦を繰り広げました。

そんな馬が、得意な距離に来れば走って当然と言えるでしょう。

母の血統もあってか、以前は短い距離をメインで使ったものの、成長もありこの舞台へ。

 

不安視される左回りですが、この馬の未勝利勝ちは中京競馬場でした。

東京は1度使って久々の競馬で重賞、ラッキーライラックの0.5秒差。

そこまで気になるでしょうかね。

 

雨が降っていても走れそうな血統、馬場に不安なし。

不安視されるならば、ぜひ狙いたい馬という事で本命です。

馬も負けから学ぶ!?競馬の予想法を変えてみたら的中率アップ

2019府中牝馬S対抗・単穴馬

対抗馬には14番のプリモシーン

これはディープ産駒ですが、母の血統にハービンジャーが含まれており期待。

東京コースに不安なし、牝馬対決ならばG1での2着が光りますね。

 

このメンバーなら距離延長でも好走は期待できるため馬券外は難しかった。

牝馬の福永騎手と呼ばれているし、当然注目でしょう。

馬場状態とは相談かもしれません。

スポンサーリンク

3番手評価には11番のフロンテアクイーンを推奨。

昨年よりかはパフォーマンスが下がる気はしますが、実は不安が少ない馬でしょう。

それでこの人気のなさ、昨年の実績馬がどうしてこれほど。

 

昨年のこのレースでは、ワンツーに海外で活躍する馬が来ており、レベルは高かった

そのメンバーでの3着ですから、今年は上位で当然と期待する。

 

ここ2走は微妙だが、3走前にはしっかり非根幹距離での勝利を収めています。

ローテも昨年同様、陣営も期待しているでしょうし頑張ってもらいたいですね。

 

2019府中牝馬Sの予想まとめと印

スカーレットカラー

プリモシーン

フロンテアクイーン

△オールフォーラヴ

△ダノングレース

△レッドランディー二

△クロコスミア

以上が今年の府中牝馬ステークスの予想になります。

配当が結構期待できる印になっているでしょうかね。

 

ラッキーライラックは来てもおかしくないが、これという決め手もない。

ということで、人気を集めるでしょうし思い切って外しました。

実績のある馬ですし、復活を期待する人もいるでしょうけど。

 

これが競馬の難しさですねw

このレースは個人的に勝負、ビシッと当てたいレースですね。

秋華賞は惜しかっただけに、ここは頼みますよ♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.