スポーツ

サッカー日本代表がコロンビアに勝利!トーナメントに大きく近づく

投稿日:

サッカー日本代表を見ていたら、ブログの更新が遅くなりましたw

しかしながら、見ていてよかったと思いますよ。

それもそのはず、予想を大きく裏切った日本の勝利で試合終了!

個人的には引き分けがいいところかなと思っていたので、かなり喜びましたね。

スポンサーリンク

大事な先制点を3分で

試合が動き出したのは前半僅か3分。

速攻のカウンターによって、大迫選手までボールがいくと、シュートをキーパーがはじきました。

しかし後ろから走りこんでいた香川選手が続けてシュート。

そのボールが相手のディフェンスの腕に当たり、ハンドの判定になりました。

 

結果その選手はレッドカードで退場。

さらにはPKのチャンスを迎えます。

キッカーは正直誰かなと思ってましたが、香川選手が蹴ることに。

 

ワールドカップという大舞台でしたが、冷静に決め、見事欲しかった先取点を取ることが出来ました。

これは非常に大事な得点でしたね。

日本が勝利、引き分けにするには先取点が必須のようなものでしたから。

 

コロンビアは黙ってない

開始早々に点を決めた日本は、徐々に攻められます。

というのも、僕の目で見た感想は、日本が保守的になったかなというもの。

開始早々で見せた、アグレッシブさが減りましたね。

 

反対にコロンビアは自然と前に出始めます。

世界ランキングでも大きく差をつけているコロンビアですから、無得点では終わりません。

日本のクリアミスからゴール近くでファウルをもらうと、そのままゴールに。

壁の下をいく、見事なシュート、作戦でしたね。

 

後半からの日本の動き

引き分けにされてしまった前半が終わり、再び振り出しに。

すると、日本の動きにアグレッシブさが戻りましたね。

早い段階で点を取ってしまったばかりに、チャレンジが出来なくなってしまったんです。

 

そういった意味では、点を取られてある意味良かったとも言えます。

動きが良くなった日本は、コロンビアを防戦一方にします。

前半の様にすぐに得点が取れたわけではないですが、ひたすら攻撃あるのみ。

 

時間が進み交代が始まる中、香川選手に変えて本田選手投入。

するとコーナキック、本田選手のパスに大迫選手がヘッドで得点!

この試合ひたすら動きまくっていた大迫選手が待望のゴールを決めました。

 

ここから少しコロンビアが攻めるも、あまり力を見せられず試合終了。

日本が2-1で勝利しました!

 

日本対コロンビア振り返って

まずMVPは大迫選手ですね。

点を決めていたのもそうですが、守備でも恐ろしいほど活躍。

特に後半では決定的なシーンを防いでくれました。

 

攻守にわたりものすごい活躍、大迫半端ない!

 

また、気持ちコロンビアは不調に見えます。

前からのプレッシャーもないし、攻めの時間が少なく評価が難しい。

やはり早い時間でのレッドカードは厳しそうでしたね。

 

残り2試合でどう来るかに注目しましょう。

 

日本はこれでベスト16が現実味を帯びてきました。

セネガルやポーランド、まだまだ強豪だらけですが勢いというものは侮れない。

一気に駆け上がってほしいですね。

-スポーツ
-,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.