競馬・馬券

ウォーレンバフェット氏の競馬体験から学ぶ負けない方法とは

投稿日:

どうも、エスティーです。

今回のテーマは少しずるいですが、有名人をタイトルにまで出してしまいました。

一応聞きますが、知らない人はいませんかね。

 

簡単に説明しますと、超有名な投資家さんです。

世界の億万長者ランキングでも上位にいて、ビルゲイツ氏といい勝負だったことも。

そんな彼ですが、若かりし頃には競馬にも挑戦していたようです。

 

投資で圧倒的な実績を残す人が、競馬をしたらどうなったか。

気になって調べましたら、意外な結果に。

そこから学べることにも、今回書いてみます。

スポンサーリンク

バフェット氏の競馬

まだ投資で大成功する前の事。

彼は父親に頼み、競馬に関する書籍やデータを読み漁り、勉強していった。

何事にも全力で取り組むのは、今と変わらないという事でしょう。

 

そして彼は、競馬場内で予想を販売することに。

当時競馬新聞もなかったという話ですがどうなんでしょう。

 

しかし、販売許可を得ていなかったこともあり終了。

ある日、彼は競馬場にルールを設けて参戦することに。

 

そのルールとは、一日1レースだけに参加

そして、負けるレースには参加しないという2つだけ。

やはり神髄というか、核心を突いたルールを持っていますね。

 

しかし、彼はまだ幼かった。

1レース目で的中できなかった彼は、怒りに似た感情から更にレースに参加。

結果は、175ドルの負け。

 

バフェット氏は新聞配達で資金を集めていました。

175ドルとは、その仕事の1週間分の給料だったそうです。

結局、それ以降の競馬に関する情報はありません。

 

投資で儲けるのは、数年後の話。

やはり競馬で儲けるのは難しい、あるいは無理なのか。

しかし、われわれ人間は失敗から成長するもの。

 

それは人の失敗をもってしても言えるのでは。

彼の失敗から、競馬で大負けするのを防ぐ、もしくは勝つ方法を考えてみましょう。

 

バフェット氏の失敗ポイントは

一番大事なのは、なぜ失敗してしまったのか。

これを発見できれば、自然と対策をできますね。

振り返りましょう。

 

そもそも最初は、しっかりとしたルールがあったはず。

現在の大成功を収める彼の作戦、それ自体はやはり素晴らしいものだと思います。

 

要は全部のレースに参加せず、限りなく勝てそうな馬を狙っていく

2つのルールがありましたが、まとめればこんな感じでしょう。

 

競馬は多く参加すれば、自然と負けるようになる計算。

だからこそ、そこにあらがうには狙える馬を探すことが大事。

それをすると、自然に全レース参加なんてしなくなります。

 

バフェット氏も、ここまでわかっていたはず。

しかしまだ若かったこともあり、外れた怒りに負けてしまったんです。

特に毎週競馬する人は、その日が全てではないと考えるようにしましょう。

 

今週外れたら、来週もあるんだよと。

野心を持ちながらも、クールに戦えることが大事といえるでしょう。

バフェット氏の失敗は、おのれのルールを守れなかったことです。

 

競馬は投資にならないが近づけるはず

競馬はあくまでもギャンブルです。

株式投資とかとは、どうしても違ってきます。

ですが、近づけることは出来るはず

 

そういう気持ちで、最近は競馬を楽しんでおりますw

その一部が、最近書いた複勝での勝負。

投資を考えると、複勝が一番いいという気持ちで書いてみました。

 

最強の投資家が考えていた、競馬の向き合い方。

それがあのルールなんでしょう。

 

のちに彼は、投資のルールで「自分のルールを決して破らないこと」ということを決めたそうです。

これは、彼の競馬を行った際の経験も、少しは含まれているのかも。

勝負事で自分のルールを破ってはいけないと、教えてくれています。

 

決められた資金を越えて勝負してしまう。

買う予定のない馬まで買ってしまう。

これらも、自分のルールを超えた勝負になり、負ける要素にしかなりません。

 

投資は偶然を望まない。

競馬で絶対に勝ちたい人は、このような考えを持ってみてもイイと思いますよ♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.