競馬・馬券

ゴールドカップ2020の予想!ブルドッグボスは引退を勝利で飾れるか

投稿日:

今年のゴールドカップ最大の注目ポイント。

それはブルドッグボスの引退レースと言う事でしょう。

中央馬相手にも勝てる数少ない地方馬。

 

今年ですでに8歳と高齢でしたが、本当にお疲れさまでしたと。

まずは無事に終わってほしいという気持ちが強い。

 

とはいえ、小久保厩舎という事もあり最後はここ浦和。

アーモンドアイもそうですが、完ぺきな仕上げになっているはずなので注目するしかない。

これに勝てる馬がいたら来年楽しみ、さぁどうなるでしょうか!

2020ゴールドカップの予想法と上位3頭の解説

浦和のスプリント戦はこの1400m戦です。

スプリントと言えば1200mなのですが、浦和では開催がないので仕方なし。

その分、チャンスのある馬も出てくるでしょうから相手には入れたいですね。

◎7番ブルドッグボス

〇10番ノブワイルド

▲4番コパノジャッキー

この3頭に今年は注目します。

本命馬はやはりこの馬でしたね。

 

本命ブルドッグボスですが、引退でもそうでなくても単純に強い。

浦和が直線短く、戦法からは向かないコースではあります。

それでも、浦和1400mは7戦して着外2回のみ

 

不安は前走同様の出遅れくらいでしょう。

前走あれだけスタート遅れて中央馬いる中3着に突っ込んでくる

速い流れでしたが、それでも能力では一番上だったと思います。

 

引退レースでガッツリ仕上げ。

ダイワメジャー産駒でもこれだけ長く活躍する馬が出るとは、血統は面白いですね。

有終の美を期待するしかないでしょう。

 

対抗には同じ厩舎のノブワイルド

この馬も説明不要の活躍ですが、戦法は舞台向けですね。

ここでは6勝してますし、適性はいまさら疑う必要なし。

 

同じ8歳馬ですが、こちらも衰えはあまり感じない。

船橋の1000mで勝利するスピードは健在、左海騎手を背に明日も逃げる。

 

3番手は少し穴でしょうか、コパノジャッキーです。

ゴールドアリュール産駒ですが、この舞台では好成績というデータもアリ注目。

1200mだと厳しいでしょうが、1400mなら対応可能。

 

1600mなどの方が勝率は高いですが、好走率は高いので相手にするには最適

前が速くなるのは結構な確率なので、展開味方に枠を活かしロスなく競馬出来れば。

ダノンレジーナに勝利しているのも、評価をあげる要因です。

 

予想は以上ですが、ランキングサイトに登録しているので、応援お願いします

1年の終わりが近づくと、こうした引退馬も出てきますよね。

記録だらけだった2020年の競馬、どのようにして終わるかが非常に楽しみです。

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

この世のものには全て理由が存在する。 そういう意味では、競馬でずっと負け続ける人にも何か理由があると思いませんか? 僕も数年前までは年間収支マイナスでした。   このままではいけない! そう ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.