競馬・馬券

きさらぎ賞の馬券で勝つヒントデータ!予想に役立つのはコレ

投稿日:

きさらぎ賞のデータ紹介になります。

このレース、サトノダイヤモンドも勝利しており、その後が侮れないですよね。

今年は良い馬も登録しているし、期待値は高いと思ってます。

東京新聞杯の狙えるデータはここで

 

そんなきさらぎ賞を的中させるため。

そしてプラス収支で終わるため。

どのような馬が活躍し、配当を高めているのか。

 

そのあたりを調査。

勝てるデータを提供できればと思います。

スポンサーリンク

きさらぎ賞で狙えるデータ紹介2019

まず最初に、恒例となるであろう枠順の方から。

東京新聞杯はかなり偏りを感じましたが、このレースはどうかな。

基本的に頭数が多くないので、偏りは少なめになるのは分かりますがねw

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
10% 20% 25 22
2 10% 30% 138 65
3 30% 60% 169 120
4 0 36.4% 0 62
5 8.3% 25% 42 34
6 7.7% 15.4% 16 76
7 13.3% 40% 124 77
8 5.9% 23.5% 7 128

 

このような結果ですね。

ちなみに今回のデータは過去10年分を使用しています。

目立っているのは3枠の好走率と回収値の高さ

 

7枠は複勝率の高さはイイですが、回収値が微妙ですね。

3枠に来た馬は注意が必要と言えそうです。

 

きさらぎ賞へのローテーションは

次に注目するのはローテーション

前走の内容なども合わせて見ていきたいと思います。

 

まず目立ったのは前走未勝利組の好走

意外と買いにくいと思うのですが、勝率12.5%で複勝率62.5%と複勝率が高い。

回収値もともに100を超えて、複勝回収値はなんと247と高水準

 

上のクラスで戦っていた馬が人気を集めやすく、未勝利馬は軽視される傾向と言えるでしょう。

未勝利戦上がりだと思って油断せずに、実力を見なければなりませんね。

 

次に狙うのは福寿草特別

こちらも複勝の面で活躍傾向にあり、回収値もジャスト100

ただし未勝利戦の馬と比べると人気を集めやすいので、美味しい配当にはなりにくいか。

 

前走着順に関しては、やはり3着以上にいなければ厳しい。

ですがこのレースではそういう馬の方が多いでしょうからねw

あまりあてにはなりませんか。

 

ただし、2着馬の回収率は低いので難しい。

1着馬か3着馬を軸に考えても配当的には面白いか。

 

きさらぎ賞その他の狙えるデータ

その他に関してはまず、生産者について。

やはりクラシックを意識した戦いであり、芝のレースですからね。

最も活躍しているのはノーザンファーム。

 

ですが社台ファームを僕は推奨します。

過去10年で勝利数は同じ、ですが回収値に差が凄い。

ノーザンファームの単勝回収値が26に対し、社台は313と大きく差が見える。

 

ノーザンの方が倍くらい出走させているので、社台の馬の好走率は素晴らしい。

今年も出走しているので、注目はしておくべきですね。

 

また、前走でラスト3Fをいい脚使えた馬は好成績ですね。

特にメンバー中1位か2位だった馬は狙い目。

先行していていい脚を使えていた馬には特別注意。

かなり好走率高そう。

 

きさらぎ賞狙い目データまとめ

クラシックが見えてくるこの時期。

大事なレースですから、どの陣営も狙っているでしょう。

そんなレース、予想のヒントはこれでした。

 

3枠の馬にはとりあえず注目しておく

前走未勝利を勝った馬は軽視せずに注目すべき

前走ラストの脚が目立った馬は好走傾向

いい脚を使った先行馬にはさらに期待

 

以上のような感じになります。

どれも高い回収率を持っており、的中率も高いものになります。

あとはレースレベルとも併せて考えていけば、的中に近づくのでは。

 

クラシック戦へ向けた戦いは始まっている。

このレース、見逃せませんね♪

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.