競馬・馬券

2019小倉大賞典の過去データ!予想外の傾向も発見か

投稿日:

フェブラリーSと同じ日に行われる、重賞レース小倉大賞典

G1前ですが、それこそ資金的には大事なものとなるでしょう。

負けられないですよね。

 

フェブラリーSやそのほかのレースについて

 

小倉の重賞レース自体貴重ですし、当てておきたいところ。

今回の記事では、過去のデータから馬券で勝てる方法を探す

競馬はデータとの戦いでもある。

 

普段競馬をしない人もするのでは。

一緒に競馬を楽しみましょう♪

スポンサーリンク

小倉大賞典の枠順別傾向

まずは大切な枠順別の傾向です。

小倉の芝レース、傾向はあるのでしょうか。

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 10% 40% 97 135
2 5.3% 15.8% 14 45
3 10% 20% 80 49
4 10% 15% 120 49
5 5.3% 10.5% 103 69
6 0 20% 0 59
7 5% 20% 11 65
8 5% 10% 100 113

 

さて、上のような結果になりましたが。

極端に有利な枠というものはないですね。

ですが不利だと思われがちな8枠は、回収値が良さそう

 

そしてやはり有利なのは最内の1枠

好走率が高く、回収値も高いのでまずは狙い目と言えるでしょう。

 

小倉大賞典の前走傾向

では次に前走を見ての傾向を考えていきましょう。

どのレースに出走し、どんな着順の馬が好走しているのか

 

最初に目立つのが、前走2桁着順の馬が好走していること。

過去10年間のうち、4勝は前走2桁。

つまり今回人気落ちれば大チャンス。

 

回収値も100に近く、オススメできるレベルですね。

また、前走勝利馬も期待したい。

勝利数3なので、多くの場合はこのどちらかになりますね。

 

では、前走の内容を考えてみます。

このレースでは、前走逃げてレースした馬が活躍しているよう。

勝利数は4で、回収値が単複で200を超える。

 

反対に中団以降で走っていた馬は活躍が難しい

さらには回収値も低いのでオススメできません。

 

出走レースに関してはデータが少ないですが、中山競馬場を使った馬が狙い目

単勝回収値は100を超え、複勝率もトップの26%といい感じ。

 

小倉大賞典の狙える過去データその他

その他ではまず、人気別の成績に注目。

気になる1番人気は勝利数が2で、複勝率は5割。

比較的低めの確率ではないでしょうか。

 

で、オススメできる人気はどれか。

データ的には6番人気が非常に狙い目ですね。

複勝率4割、単勝回収値が300で複勝回収値も100以上。

 

高確率で回収も出来、安定感的にも期待したい。

ただしあくまでも人気ですから、そこまで信頼は出来ませんが。

ほかのデータとも併せて、考えておきましょう。

 

ほかには血統別の傾向から。

ディープインパクト産駒が活躍しているのですが、意外にも複勝回収値が100越え。

人気を落としているなら、狙ってみましょうかね。

 

特に大負けしてたら美味しい配当が?

そんな感じで見てみましょう。

 

2019小倉大賞典の過去データまとめ

最後に今回のデータをまとめます。

どれも基本的にはプラス収支を狙うもの。

G1前ですからね、確実に仕留めたい。

 

1枠はまずチェックしておく

前走大敗馬もチャンスと見る

前走は前に行った馬で、出来れば逃げた馬を見る

前走中山経験馬は活躍

ディープインパクト産駒は複勝率高い

 

このような感じでしょうね。

基本的には、前走大敗して人気が少し落ちた馬が狙い目でしょう。

6番人気あたりが回収値高いのもその影響か。

 

ディープの複勝回収値がいいのも珍しいかも。

ローカル競馬特有の難しさ。

それも考えて予想していきたいですね♪

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.