競馬・馬券

平成最後の桜花賞は的中させたい!馬券をデータの傾向から的中へ

投稿日:

平成最後の桜花賞

すでに新元号は発表されましたが、忘れてはいけない4月は平成最後の月となります。

つまり、まだ平成の競馬は終わらないという事。

その他のレース予想や傾向はココで♪

 

数々の伝説のスタートを知らせる桜花賞や皐月賞。

アーモンドアイやジェンティルドンナ、牝馬三冠の最初のステップレース

的中させるにはデータが必須、今回もやっていきましょうかね♪

スポンサーリンク

桜花賞の枠順別データ傾向

まずは桜花賞の枠順別の傾向になります。

強い馬が活躍するイメージですが、枠順によって偏りはあるのでしょうか。

レッツチェック!

 

勝率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1 0 10.5% 0 45
2 0 0 0 0
3 5% 10% 51 25
4 10% 20% 109 76
5 20% 40% 248 199
6 0 20% 0 62
7 6.7% 20% 29 44
8 3.3% 13.3% 4 24

 

以上このような傾向になっています。

明らかに走る枠は5枠になるでしょう。

複勝値が200くらいあるのは相当なことですし、単勝でも文句なし。

複勝率の高さも目立ちます。

 

一方で2枠は相当な馬が来なければダメかなという印象に。

ここまで来ていないと、むしろ怪しさすら感じますがねw

全体的には真ん中の枠がいいのではないでしょうか。

 

前走別桜花賞の傾向

前走の着順から、まずは見ていきましょう。

活躍馬の多くは3着以上だった馬ですが、クラシックですから当然ですね。

妙味があるのは3着馬で、回収値が最も高く望めるでしょう。

 

ではどのレースからの馬が強いのか。

エルフィンSを除き、基本的には重賞を使った馬が活躍するレースになります。

危険なのはフィリーズレビュー組で、56頭中3頭のみ馬券に。

狙う場合には軸以外がいいでしょう。

 

狙いはチューリップ賞組であり、10年間で買い続けるだけで単複プラス。

特に複勝での回収値が素晴らしいので、多少負けた馬ならここでも買い。

複勝率40%越えは、信頼していい数字でしょう。

 

桜花賞の狙える傾向その他

まずは人気別の成績を見ていきましょう。

活躍馬の多くが1~3番人気になっていますが、中でも2番人気の安定感は素晴らしく、買い続けるだけでプラスのデータが出ています。

思いのほか1番人気が苦戦する年もあるので、あえて2番人気を選ぶのはありでしょう。

 

人気薄では7番人気と8番人気が実績あり。

ただしそこまで信頼できないので、基本は上位で決まるでしょう。

 

それから血統についても書いていきましょう。

イメージあると思いますが、ここはディープインパクト産駒がめちゃ強い・・・と言いたいですが、近年ではあまり来ませんね。

 

そんな中で目立ってきているのが、キングマンボ系とサンデー系の組み合わせ

アーモンドアイもそうでしたが、安定して活躍しているデータですね。

今年も該当馬がいるので、一応確認はしましょう。

 

ただしサンデー系の父が活躍馬を多く出すのも事実。

その場合は、母父がニアークティック系(ノーザンダンサー系)を狙うといいでしょう。

 

2019桜花賞の過去データからの傾向まとめ

では最後に、集めた情報の中からさらに厳選し、まとめておきましょう。

使えるデータは多数あり、その中のほんの一握り。

ですが好走例が多く、回収値のいいものばかりですから、参考に。

 

5枠の馬

前走チューリップ賞組

無理に人気薄を狙わず、2番人気は注目

キングマンボ系とサンデー系の血統

サンデー系が父ならニアークティック系と

 

これが厳選したデータになります。

無理に人気薄を狙はないというのは、穴党を敵に回しそうw

ですがクラシックですから、強烈な波乱も難しいんですよ。

あるならオークスかな。

 

とはいえ1番人気が凡走する可能性もある桜花賞。

平成最後という事もあり、注目度は増すのでは。

今年も三冠馬は出るのか、注目して見ましょう♪

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.