競馬・馬券

セントライト記念2020の予想!ダートからの参戦に馬券妙味を期待

投稿日:

菊花賞に向けた、あるいは古馬との対戦である天皇賞秋への挑戦か。

中山競馬場2200mである3歳限定、セントライト記念の予想になります。

 

やはり1つ、注目はこの距離設定でしょう。

ただの中距離戦であれば2000mでもいいのですが、非根幹距離であるプラス200mがカギ

人気通りになることもありますが、荒れることも結構ある難しいレース。

 

今年の3歳馬は2冠馬がいますからね。

打倒に向けて通用しそうな馬がいるかどうか、そこも判断材料でしょう。

スポンサーリンク

2020セントライト記念の予想法と本命馬

予想法としては、先ほど書いた通り距離がこなせるかどうか。

同じ非根幹距離である1800mなどの成績は、あった方が良いと思います。

血統で言えば、ハービンジャーなど欧州向けですね。

 

そういった点を考慮して予想した結果。

本命馬には5番ダノンファストを推奨します。

タイトルでバレるかもしれませんが、ダートからの参戦ですね。

 

先程書いた1800mの適性はダートですがすでに見せています。

中距離をこなしてきており、パワーの必要なダートをこなしていたので中山の芝も

それから、芝はマイルで2回使ってますが、そこまで悪い結果でもなかった。

 

ここへの参戦も、鞍上からの提案らしいですし。

これは期待してもイイのではないでしょうか。

 

ダートでの成績は、雨の影響が残っていた時に勝利

芝でも通用しそうだという判断になりました。

母父ファルブラヴは短い舞台が得意ですが、父の影響で中距離まで!

対抗馬以降の印

対抗馬には8番リスペクト

エピファネイアにステイゴールド、結構重たい血統構成ですよね。

欧州の馬ではないですが、それに近い評価は出来ると思います。

 

この2200mという距離には不安が無いという事ですね。

また父の血統の影響か、成長に魅力が出始めていると判断

相手強化ですが、舞台適性は高そうですし人気ないなら今回狙える。

 

3番手評価には7番ガロアクリーク

父キンシャサノキセキですが、母父は欧州向けのキングマンボ

その結果、ダービーの舞台でも走れることが出来たと思います。

 

とはいえ、本来の力は1800m~2000m付近なはず。

今回の2200mもこなせる範囲ではあると思うので、大きくマイナス評価は必要なし。

 

皐月賞3着馬ですからね。

成長次第ではG1制覇を狙えるはずです。

 

その他の印に関しては以下の通りで。

2番ラインハイト

4番フィリオアレグロ

6番バビット

11番ココロノトウダイ

 

以上いつも通りの7頭で印はオッケーです。

ランキングサイトに登録しているので、応援もよろしくお願いします。

秋競馬はクラシック最終戦のスタート。

3冠阻止する馬が出現するのか、非常に注目の1戦を楽しみましょう♪

ロードカナロアの産駒はダートでも買い!人気出にくいからこそ馬券に

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.