競馬・馬券

阪神JFの無敗の5頭に注目!ソダシ含め負け知らずで次に進む馬は出るのか

投稿日:

2歳限定のG1レースが始まる時期になったんですね。

この時期になると武豊騎手の全G1制覇なるかというのも注目ではありますが。

まずは阪神ジュベナイルフィリーズ、牝馬限定の熱い戦いを予想していきましょう。

 

今回の記事は、予想のヒントを探していくものになります。

馬券予想記事は土曜日に公開予定ですので、合わせてチェックしてもらえればと思います。

 

全頭紹介でもよかったのですが、今回は絞って無敗馬をチェック

1勝馬含め全部で5頭いるので、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

3連勝中の白毛馬ソダシ

まずは白毛という事でも注目されるソダシ、ですね。

クロフネに母父キングカメハメハと走る系血統構成にあります。

同馬に関しては数日前の記事でたっぷり書いていますから、今回は簡単に。

 

クロフネ産駒の走る馬は、牝馬に芝

この2つのポイントがあるのですが、大活躍できる素質はあるでしょう。

2走前は札幌でレコードタイムを出すなど、仕上がりは早そうです。

 

前走は早い東京の芝にも対応。

距離もこなしましたし、楽しみはありますが先行馬多くなってどうか。

 

怪物牝馬クラスと話題のサトノレイナス

国枝厩舎からはまたも強そうな牝馬が登場。

ディープインパクトにノットフォーセールという組み合わせ。

兄弟には弥生賞を制したサトノフラッグがいる血統ですね。

 

国枝厩舎という事もあり、アーモンドアイに近い能力とも言われています。

こればかりは判断しきれませんが、それくらいの素質があって可笑しくない血統ではあります。

 

ここまでの2レースは上がり最速を記録

ローテにも余裕があり、力は出せる状態にありそうです。

フラッグと比べると、鋭い脚が使えるのも魅力ですね。

 

姉を超えるかシゲルピンクルビー

今年もシゲルがやってきましたね。

モーリスにハイシャパラルという組み合わせ、なんか海外でも走りそうです。

姉にシゲルピンクダイヤがいますが、父はダイワメジャーだったのでタイプは少し違いますね。

 

キャリアは僅か1戦ですが、前が粘る中差し切った脚は評価したい。

姉同様に早い時期から活躍できるなら、面白い存在にはなりそうです。

モーリス産駒という事で、使ってよくなるでしょう。

スポンサーリンク

スピードだけならすでにトップかポールネイロン

昨年のこのレースを思い出させる逃げになるかどうか。

オルフェーブル産駒で母父ダンシリという血統構成。

この産駒の短距離は、気性が荒い馬が多いためか成績悪くないですね。

 

今回マイルになりますが、気持よく競馬出来るか。

これが全てな気がします。

前走はレコードタイムで逃げ切り勝ち、悪くないですよね。

 

完成度もある程度無ければレコードは出ない。

昨年のようなレースの再現なる可能性もある、怖い1頭でしょう。

 

ソダシが近親のメイケイエール

競馬は血のスポーツですが、この1戦だけを見てもそれがわかりますね。

ミッキーアイルに母父ハービンジャーという血統構成。

母母がユキチャンで白毛にならなかっただけの馬と。

 

近親にソダシがいるという事で、なんだか家族のレースになったみたいな。

お互いここまで無敗、3戦3勝と成績まで同じですからね。

ただ気になるのはマイル適性でしょう。

 

ミッキーアイルの産駒という事で短距離は走れることがわかった。

後はこの距離で、前走重賞でレコードと調子はイイのですから、ここで適性がある程度わかりますね。

個人的には、将来は分かりませんが同じ年齢の勝負では、こなせると思います。

 

2歳戦は勢いにも注目

予想の判断が難しい2歳戦は、勢いも大事にしたいです。

血統でもある程度は分かりますが、仕上がりには個体差が生じますからね。

例えばレコードタイムを出した馬は、それなりに力が出せる状態であると。

 

また舞台経験は大きいですね。

同じ競馬場でなくても、距離実績があると安心感があります。

そういった点に注目しながら、予想していくといいでしょう♪

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

この世のものには全て理由が存在する。 そういう意味では、競馬でずっと負け続ける人にも何か理由があると思いませんか? 僕も数年前までは年間収支マイナスでした。   このままではいけない! そう ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.