競馬・馬券

中山金杯2021の予想!中央競馬新年最初の大事な1戦で的中を

投稿日:

金杯で乾杯

この時期になると、競馬ファンから多く聞かれるこの言葉。

僕の場合、金杯で完敗というフレーズもあるので、なんとか当てたいですね。

 

地方競馬は4日かなりイイ感じで、アメブロと当サイトの2つでそれぞれ1レース予想。

その両方で本命馬が1着、新しい予想法がとりあえず初日上手くいきました。

ちなみに、中央の予想はこれまでと変更なしです。

 

有馬の週もプラスでしたしね。

2021年最初の予想となる中山金杯、気合を入れて予想しました!

スポンサーリンク

2021中山金杯の注目馬と予想根拠

中山金杯は、その名の通り中山の芝で2000m戦となります。

このコースの特徴としては、芝ですが前が有利という事です。

差しの場合も、上がり最速などが求められるので注意しましょう。

 

また、最後の坂に対する適性も注目。

実績や血統から、ある程度ヒントになるので参考にしてみてください。

◎9番ヒシイグアス

〇14番ヴァンケドミンゴ

▲2番テリトーリアル

この3頭が今年の注目上位です。

このレースの好走馬もいますし、比較的前の馬を選びました。

 

本命はヒシイグアス

スプリングSとラジオNIKKEI賞でのみ凡走。

中山で開催されたスプリングSでは、5着ながら着差は僅か0.2秒

 

もう1戦の方では馬場が影響したか全く前にも行けず大敗。

これは崩れる要因があったので参考にしても仕方ないでしょう。

 

ハーツクライの産駒はこの舞台好走傾向。

加えて成長力があることも含めれば、期待して当然でしょう。

前走久々でもしっかり好走、ここでは能力が違う可能性あり。

 

対抗はヴァンケドミンゴ

前が有利ではあるが、いい脚を使える馬の好走例もあると書きました。

その展開になれば、2走前の上がり最速が活きそうなこの馬に注目。

 

近3走はタイムもイイですし、調子も上がってきているでしょう。

中山は走り慣れたコース、7着などもありますが着差はあまりですからね。

前が崩れる流れなら、この馬が突っ込んでくる可能性が高いと判断。

 

3番手評価にテリトーリアル

昨年のこのレース3着、勝ち馬との差は0.1秒と僅差だったわけです。

昨年に比べると着順がパッと見悪いので、評価は下がると思いますがどうか。

 

ですが近走しっかり先行できているという点。

そして内枠を引けたという点ではかなり有利かなと思います。

昨年とは戦ってきた相手のレベルが違いますからね、着順より中身重視です。

 

予想は以上ですが、ランキングサイトに登録しているので、応援お願いします

京都金杯も開催ですが、今年は中京ですね。

名前と舞台がややこしくなるので、予想する際には確認して行いましょう♪

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

この世のものには全て理由が存在する。 そういう意味では、競馬でずっと負け続ける人にも何か理由があると思いませんか? 僕も数年前までは年間収支マイナスでした。   このままではいけない! そう ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.