競馬・馬券

ダービー卿チャレンジTのプチ予想!注目すべきは脚質別のデータ実績

投稿日:

この記事では、2021年のダービー卿チャレンジTをプチ予想していきます。

毎週書いてますが、プチ予想の注目馬と本命馬は別になる可能性もアリ。

枠順決定前の注目馬ですからね、最終決定は金曜または土曜日に。

 

とはいえ変更したのは先週が初めてなので、基本は本命になる。

大阪杯ではなくこのレースを選んだのは、妙味がありそうだからですねw

スポンサーリンク

現時点で注目しているのはメイショウチタン

ネットケイバでも人気は薄いと予想、ワクワクしますよね。

 

決め手は脚質ですよね。

その前に僕の基本的な考えを。

注目する馬はローテーション、出走間隔の実績をヒントにします。

 

なので、まずはここの条件をクリアしなければなりません。

アトミックホースも気になる馬でしたが、この部分で決めました。

 

なのでメイショウチタンは基本の条件はクリアしていると。

その中でも、脚質が1番向くという判断で本命です。

 

中山芝1600mですが、差し追い込み馬には基本厳しい舞台であると。

データからも、逃げ先行馬が複勝率3割を超え、回収値も100を上回ってます。

なので無理に後方の馬から狙う必要はないでしょう。

 

この馬の場合、ここ2走は差す競馬をしていますよね。

2走前はそれで勝利してますが、前走は流石に厳しい位置に。

今回鞍上変更もアリ、前に行く可能性は高いでしょう。

 

ロードカナロアにマイネルラヴ

特にこの母父マイネルラヴはこの舞台と相性よし。

前走は先行せず6着も、着差は0.6秒と大きくない。

 

スタートからの位置取り勝負になるでしょう。

初の中山には問題はないでしょうから、人気ないならお買い得の1頭です。

馬も負けから学ぶ!?競馬の予想法を変えてみたら的中率アップ

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.