ゲーム

スタホは育成も馬券もエンドレス!楽しむには自分の目標を

投稿日:

人気メダルゲームであるスターホースシリーズ

このゲームは自分で馬を育てたりする育成モードと、馬券を購入して楽しめるベットモードがあります。

どちらも楽しむ人もいるし、片方だけの人もいますよね。

 

その他のスタホに関する記事はここから♪

 

さて、この2つのモードですが、どちらもキリがないですw

それは長く続けている人ほどわかるはず。

特にベットモードはお店のレートによっても大差ある。

 

このゲームを楽しむには、自分の中でルール作りが不可欠です。

では、どのようなルールを作る方がいいのか。

参考例を紹介してみようと思います。

 

まだスタホをしたことのない人にも参考になるかと。

適当にやったら、勿体ないですよ。

スポンサーリンク

スタホでのルール作り~育成編~

馬券に比べ、ある程度限界も見える育成について。

それでも高額のエサが登場しており、賞金の稼ぎやすさなどでは3が圧倒。

2では厳しかった10万枚越えも、3では登場しておりますね。

 

そこで、今回のテーマであるルール作り。

わかりやすいところでは、どの程度稼げるようにするのか

これを目安として考えます。

 

スタホでは怪物馬やSS馬など、レベルに合わせた名称が存在。

素質がどれほど持つのか、ある程度見ていくわけですね。

 

SSというのは全国レベルと戦うためのレベルであります。

つまりゲームの限界値に挑戦するもの。

これは完全に玄人向けであり、初心者では楽しめないかも。

 

作り方は以前に紹介しているので、そこを参考にしてみてください。

ただ簡単に言えば、とにかく我慢が大切。

 

ですがやはり初心者には厳しい。

ということで、オススメしたいのが安定してG1を勝てるレベルの馬作り。

これは初心者向けでしょう。

 

とにかく馬をレースに出すというのが、やりがちなミス

ダメではないですが、確率が低く、負ける回数が多いため面白くない。

 

G1で安定して勝つというのは、1番人気を何回も出せるレベル。

これを目指すわけですね。

ゲームで言えばサラコメと呼ばれる馬で十分かと。

 

これは馬を作った段階で表示されるのでわかりやすい。

ただしこのレベルだと数回が限界。

それでも最初の目標としてはイイでしょう。

 

それ以上はWBC勝利レベルですね

これに関しては怪物レベルが必要になるかと。

作り方のコツなどを学べば、自然と勝てるようになります。

 

最初は楽しめるレベルで。

気軽に始めてみましょう。

 

スタホでのルール作り~馬券編~

育成以上に限界値が凄い事になっている馬券

これに関しては、幅広いルールが作れるでしょう。

今回は僕の例を出してみます。

 

とにかくメダルの購入を押さえたいというセコセコ方ですがねw

1レースに使うメダルは、だいたい3000以上8000未満

ライド時はこれにプラスしますが。

 

こんな感じで、だいたい遊んでいます。

100万枚あたりをマックスに考え、基本は10万枚が出ればよしって感じ。

そこを目標に、ルールを設定しています。

 

僕はこれで9月くらいからメダル購入せずに遊べてます。

もちろん、これ以上狙ってもイイのですがリスクはでかい。

僕の友人には、900万出して数日で消えた人がいます。

 

このような遊び方もあるので、好きなようにw

ただし僕にはできませんし、やるつもりはないですが。

 

僕のメダル枚数は、残り30万枚ほど。

あとどれくらい楽しめるか、自分で記録に挑んでます。

 

ダラダラやらずに目標ありで楽しむ

ダラダラやるよりも目標を。

そうするとしっかりと楽しめる気がします。

最初の内は悩むことも多いでしょうが。

 

正直裏技のようなものが存在しませんからね。

全ては運や設定次第ですが。

その中で楽しむためのルール作りです。

 

育成ではどの程度のレベルの馬を育てるか。

発動馬の基準を考えること。

 

馬券では何を重点に置くのか

ジャックポットランキング狙いか堅実にいくのか。

人気サイド狙いか人気薄か。

 

これによって大きく変わるでしょう。

ただし最初は当てる喜びをw

 

このように少し考えてやると楽しめます。

遊び方は多くあるので、オリジナルのルールで楽しんでください♪

-ゲーム
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.