競馬・馬券

JBCクラシックの予想2020!クリソベリルに勝機ある馬は2頭か

投稿日:

3レース連続のG1を締めくくるJBCクラシックの予想。

距離は帝王賞と同じ大井の2000mという事で、当然のように人気は2強の様子。

すでに実績ある馬の出走だけに、どちらが勝つのかと見る人が多いでしょう。

競馬をより深く楽しむ方法!馬券予想に血統を取り入れる理由と推奨本

 

ですが本当にこの2頭が抜けているのか。

他にチャンスのある馬はいないのか。

あえて2強以外の本命馬を選びました

スポンサーリンク

2020JBCクラシックの予想方法と本命馬

どの馬も力を出しやすい舞台が多いの2000mでしょう。

コーナーも外回りなので直線が長く、他の地方競馬場に比べれば差しやすい

その一方で、やはりダートという事もあり前が基本は有利であると。

 

帝王賞や東京大賞典で使われる舞台、過去の勝ち馬を見ても強いですよね。

つまり素質の高い馬が当然のように活躍する、そう考えるべきです。

 

今年の特徴は逃げ馬の不在でしょうか。

積極的に前に行きたい馬が少なく、人気がはっきり分かれるためマークも厳しい。

中団から後方に構える馬が多くなりそうですね。

 

これらを頭に入れながら馬券予想。

僕の本命馬は、6番のダノンファラオになります。

ドキドキのアメリカンファラオの産駒ですね。

 

この産駒は本当に面白いのですが、勝ち方がかなりインパクト強め

その一方で、負ける時はあっさり負けるので、オンとオフのはっきりした傾向ですよね。

こういう馬の単勝は、自然と回収率が良くなります。

 

ダノンファラオも勝つときはあっさりと、負ける時は全然走らずという傾向。

ギャンブル好きには好かれそうな馬ですが、負ける時には理由があるかも。

見てみると、来ない時は前に行き切れていないことが多いんですよね。

 

3番手で競馬している時は、大抵ダメ。

積極的に逃げたい馬が少ないレース、例えばジャパンダートダービーは逃げ不在。

すると逃げ馬を見て2番手で競馬して勝利

 

前走は前に行く2頭が早いペースを作ってしまい巻き込まれて大敗

そういう視点で見ると、今回のメンバーに逃げ馬は不在。

 

このような場合では、素晴らしいパフォーマンスを見せている。

2頭に人気が集中しますから、楽に前で競馬すれば勝機まであるはず。

雨が降るのも歓迎でしょう。

スポンサーリンク

相手2頭はつまらないけど紹介

相手には1番オメガパフュームと5番クリソベリル

つまらない、2強を普通にチョイスしました。

2頭ともいなくなる可能性は低そうですからね。

 

ただし、対抗評価はオメガパフュームなので厚めに買いたい。

クリソベリルは強いですが、帝王賞は結構スローな展開で進みました。

オメガは9番手から競馬し、徐々に前に行きましたが届かずの2着。

 

クリソベリルは前を見ながら3,4番手で競馬して抜け出すだけでした。

それでも上がり最速だったクリソは強いですが、評価に差がつきすぎな気がしますね。

大井2000mは絶好の舞台、この配当なら厚めでもイイでしょう。

 

予想は以上ですが、ランキングサイトに登録しているので、応援お願いします

門別で行われるJBCはアメーバブログにて予想します。

ツイッターでもお知らせするので、火曜競馬は地方で楽しみましょう♪

JBCスプリントの馬券予想2020!逃げ馬多数とハイペースは確定だが

今回の記事では、月曜日の大井競馬予想ではなく、火曜日のG1レースを予想します。 理由ですが、月曜日に狙いたい馬が1頭しかおらず、よってアメブロにて公開にしようと決めました。   ということで ...

続きを見る

-競馬・馬券
-, , , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.