競馬・馬券

ジャパンカップ2020の出走馬簡単評価!予想の参考になれば

更新日:

今週末はいよいよジャパンカップの開催となりますね。

史上最好メンバーとも言われてますが、それもそのはず3冠馬3頭の対決。

3歳からは牡馬牝馬の2頭、そして先輩3冠馬アーモンドアイ。

 

もちろん、それ以外にも歴戦の古馬たちが控えているという恐ろしい1戦です。

あまりに盛り上がりすぎて、これで3頭以外が勝ったら騒然としそうな感じも。

そう、ディープインパクトですら有馬記念で敗れてますから、競馬に絶対はないですよ。

ジャパンカップ2020の予想!アーモンドアイのラストは3冠馬3頭対決に

 

そこで、折角なので新企画をと。

出走馬全頭の紹介と簡単な評価を書いてみようかな

そんな軽いノリですが、中身は真剣なので予想の参考になれば♪

スポンサーリンク

2020ジャパンカップの出走馬と見どころ

先に見どころの紹介ですが、先ほど書いたように3冠馬3頭の対決

これに古馬勢が加わることで、どの世代が強く、今後の競馬界に貢献していくのか。

それが、分かってしまうような1戦なんですよね。

 

同着がなければ負ける馬アリ。

負けて強くなる馬もいますが、ファンは負けを望まないかもしれません。

あなたが夢を託すのはどの馬か、そういう点で見るとただのギャンブルでは終わりませんね。

 

1枠1番カレンブーケドール

歴戦の古馬勢、このコースで最も有利と言える枠を引いたラッキーガールですね。

父はディープインパクトで、母父スキャットダディという血統構成。

成功パターンの1つ、ディープにストームキャット系ですね。

 

これまでに11戦して馬券外はたった1度のみ

それも4着なので、超安定した成績と言えるでしょう。

ただし勝利数は2なので、この絶好枠で勝ち切れるかが注目です。

 

2枠2番アーモンドアイ

説明不要の日本馬現役最強候補の1頭

G1勝利数では記録を作り、このジャパンカップで引退を表明。

ラストランを、後輩の3冠馬2頭相手にどう飾るのか。

 

このレースではすでに勝利経験があり、先行して圧勝という結果でした。

またオークスも制していることから、この舞台では2戦2勝

安田記念の2着、そして前走の接戦をどう評価するかで馬券は決まりそうですね。

 

2枠3番ワールドプレミア

昨年の有馬記念以来の出走となります。

このレース間隔は好走するのにあまり良い材料ではないでしょう。

ですが、過去には有馬から有馬で勝利した馬もいるので、やってみなければ。

 

これまでに7戦しており、馬券外はいまだ0というこれも安定感抜群の1頭。

スタミナ勝負になると強く、ディープインパクト産駒ながら母の影響は大きい。

有馬記念を目標にしている可能性もあり、馬券的には本命は悩ましいところですね。

 

3枠4番キセキ

ファンの多い馬で、復活が期待されている馬。

2年前のアーモンドアイが勝利した際の2着馬になります。

前にいた馬が好走するという結果でしたが、いい走りを見せました。

 

その後調子の悪い時期もありましたが、ここ4走程は復活の兆し。

道中気難しさを見せることがあり、鞍上とのコンビネーションが注目

前でも後ろでも競馬出来る、自在性の高い1頭でしょう。

スポンサーリンク

3枠5番デアリングタクト

今年の3冠牝馬。

日本競馬では史上初となる無敗での牝馬3冠となり、今後に注目が集まっていた。

早いタイミングでこのレースへの出走を決めていた様で、状態はいいはずです。

 

強い牡馬相手にどこまでやれるのか。

不安半分、期待半分ですが、この斤量差はかなり有利と見えますね。

 

4枠6番コントレイル

この枠順発表は盛り上がりましたね。

デアリングタクトと隣り合わせ、アーモンドアイ含め内の方に偏りました。

競馬の神様も、条件を大きく差を作らせなかったのかも。

 

当然無敗での出走ですが、菊花賞の疲れがどうか

おそらく問題ないため出走するという事でしょう。

前走の接戦は距離適性の分、ディープにファピアノ系でスピードは脅威

 

4枠7番ミッキースワロー

トーセンホマレボシ産駒の母父ジャングルポケットという血統。

あまり競馬をしない人には馴染みなさそうな構成ですが、面白いと思います。

ただスピード勝負の切れ勝負になると、少し分が悪いでしょうか。

 

流れが速くなりタフさ比べになると有利になりそうですね。

または雨が降った場合は評価をあげるべきかも。

 

5枠8番ウェイトゥパリス

今年唯一の海外からの遠征馬

凱旋門賞にも出走しており、結果は9着まで。

不良馬場だったので、これまでの実績を見る限りは良の方が好走できたかも。

 

近2走は微妙な成績でも、それ以前は好調をキープ。

海外G1馬ですから、油断大敵。

鞍上にデムーロ騎手という事で、コース相性は素晴らしいです。

 

5枠9番トーラスジェミニ

必ず逃げるという姿勢は評価したい。

競馬では逃げた方が好走率高いですから、何か起こす馬かもしれません。

一方で、流石に近走を見ると能力は辛いでしょう。

 

エプソムカップ3着馬として東京ならという思惑アリか。

鞍上を考えると、なにか思い切った競馬もありそうです。

 

6枠10番パフォーマプロミス

ステイゴールドにタニノギムレットという重厚な血統構成。

この馬もスピードよりかはタフさが武器で、スタミナ勝負になれば

 

東京2400mでは好走していますが、さすがに相手が違うので難しい評価。

若手で安定感のある岩田望来騎手の騎乗に注目でしょう。

 

6枠11番クレッシェンドラヴ

ステイゴールドにサドラーズウェルズという血統。

成長力のある持続型という印象で、近走も安定した走りを見せています。

 

1度レースを使った効果が出るタイプでもあると思います。

相手は強化されますが、自在性がある馬だけにどう競馬するのか。

この馬も鞍上の作戦が楽しみな1頭ですね。

 

7枠12番マカヒキ

この馬も人気のある1頭で、応援の声も多いでしょう。

春のG1大阪杯以来の1戦と、少し間隔は空きすぎた印象です。

 

思うような成果が出ずに成績もパッとしない。

しかしジャパンカップだけは違います

馬券にはなれずも惜しい4着を繰り返しているだけに、今年は3着以内あるか。

 

7枠13番ユーキャンスマイル

この馬の評価も分かれそうですが、スタミナ十分の1頭

天皇賞春では惜しい競馬でしたが、前回よりも差は詰めました。

前走も斤量を考えれば、そこまで悪くはないといえるでしょう。

 

ただそれだけにインパクトが足りないですね。

勝つか馬券外か、極端になりつつあるので注目馬3頭がやりあえば突き抜ける可能性も。

そうならない場合は、辛い結果になるかもしれません。

 

8枠14番ヨシオ

ネットを騒がせてくれた1頭ですね。

評価するのが難しいですが、もう少し内なら少しは可能性があったかも。

とはいえ、やはり厳しいですね。

 

やりようとしては、とにかくスタートだして逃げる

かき乱す存在になれば、色々な意味で盛り上がりそうなレースになりますが。

 

8枠15番グローリーヴェイズ

大外枠になってしまいましたが、可能性が0なわけではない。

内に人気馬が集まったので、川田騎手の一発が怖い1頭です。

宝塚記念は明らかに厳しい状態で出走。

 

前走勝利したことが、評価をかなり上げると思います。

5歳ですが使っているレース数は少ない

能力素質は高いので、海外G1馬として見せつけてくれれば。

母父ディープインパクトは馬券で儲かるか!データから狙える傾向を探す

現役時には無敗の3冠馬となり、種牡馬になっても数多くのG1馬を送り出した伝説的な名馬ディープインパクト。   菊花賞では父に並ぼうと無敗の2冠馬、コントレイルが出走しますね。 そこで今回はこ ...

続きを見る

2020ジャパンカップ出走馬の評価終了

タイトル通り簡単なコメントだけになりましたが、いかがでしたか?

個人的にはグローリーヴェイズは、このレースで怖い存在だと思います。

印はまだ決めてませんが、最後まで迷いそうですねw

 

その馬券予想も明日には当サイトで公開予定。

有馬記念以上かもしれない盛り上がり、競馬の祭典を楽しみましょう!

競馬で負け続ける人の傾向!実体験を基に反省すべき点を紹介

-競馬・馬券
-, , , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2021 All Rights Reserved.