世間話

トヨタ支援で2020年公開!?ついに車が空を飛ぶ

投稿日:

どうも、エスティーです。

朝からミサイルの話題が多かったですが、明るい話題も欲しいですね。

特にミサイルもそうですが、台風もあったりと日本はドタバタしております。

 

なので、いい話題も触れておきたいなと思いますね。

それが今回のテーマである「空飛ぶ車」です。

来ましたね、ドラえもんの世界が!

 

トヨタ支援で日本に開発拠点

これは凄いですね!

実は、トヨタだけが支援しているわけでは当然ありません。

ただし、トヨタの支援が大きいという事も事実。

 

そのおかげか、開発を進める団体「カーティベーター」が愛知県と東京都に開発拠点を設置することが決まりました。

この設置個所については、文句のつけようもありませんね。

 

また、この開発にはトヨタの社員なども協力していくそうで、2020年の実用化を目指すそうです。

いいですか、実用化ですよ!?

ただの発表だけではありません。

 

そう、近い将来、本当に空を飛ぶ車が当たり前のように走っているかもしれません。

この場合って、走るというのか飛んでいるというのか、表現が難しいですよねw

 

他社の場合はどうなのか

僕も注目していたスロバキアのエアロモービルという会社があります。

ここも空飛ぶ車を長い事研究開発しており、早い段階で公開もしていました。

 

実は、この会社も2020年の実用化を目指していると言います。

これは面白い企業競争になりそうですね。

ただし、買う人がどれくらいいるかはわかりませんがw

 

スロバキアの会社については、細かい情報もわかっています。

通常の車の状態から、飛行モードに移行するのに3分未満でいけるそうです。

個人的には、早いなという印象ですが、どうでしょう?

 

飛行状態での速度が360キロだそうです。

正直、我々が操っていい物かどうかもわかりませんね。

 

気になるお値段発表~

さて、このスロバキアの車はいくらくらいなんでしょうか?

発表された金額が約1億5800万円でした!

 

・・・。

さよなら、僕の夢w

 

一生をかけて、全財産をかけて買うようなもんです。

これなら、少し高めの高性能な車を選びたいですね。

例えば、全自動運転車とか、ベンツが開発している最高級車とか。

 

それらが買えるレベルですからね~。

飛べる車がどうしても欲しいという人には、いいんでしょう。

 

誰でも乗れるわけでは・・・

今更ですが、誰でも運転できるということはないです。

当然、飛行モードがあるのですからそれに合った資格・免許は必須です。

この辺は、細かい条件は法律で追加されそうですが。

 

海外では免許が必要なようで、日本でも同じでしょう。

また、ずっと先の将来ではわかりませんが、自動車教習所では習えないでしょうね。

将来出来たら面白そうですがw

 

そもそも、皆空を飛びたいのかという点は置いておきましょう。

飛行機でも怖いという人も多いですからね。

 

まとめ

今回は「空飛ぶ車」について書きました。

これは、多くの少年たちの夢だったはず。

それが近い将来、オリンピックとともに可能になるかもしれません。

 

もし、夢のためにお金を使ってもいいという人は、予約しておきましょう。

一応、スロバキアのほうは予約が始まっていますw

 

免許を取って、快適な空の旅を自分で楽しんでみましょう^^

本当に夢がありますね~。

 

-世間話
-, ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2019 All Rights Reserved.