競馬・馬券

18桜花賞はアーモンドアイが一気の脚!3歳牝馬の主役に躍り出た

投稿日:

どうも、エスティーです。

今年最初のクラシック戦、桜花賞が本日行われました。

勝ったのは2番人気のアーモンドアイ。

 

ルメール騎手はようやくリベンジ達成。

引き上げの時にも嬉しそうにしてましたね^^

 

簡単にではレースを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

無敗の桜花賞馬誕生が期待されたが

注目されたラッキーライラックはほぼ完ぺきな競馬をしたと思います。

最内を生かし、距離ロスのない競馬。

抜け出しも悪くなかったと思います。

 

直線に向いた際、少し手間取ったようにも見えましたが問題はなかったかと。

これまでの相手ならば勝利できたはずですね。

 

枠が不利という事も考えてましたが、強い競馬はしてくれました。

今後も注目される馬でしょう。

 

アーモンドアイは怪物級

ラッキーライラックは素晴らしい競馬をしました。

これは事実です。

 

では、それに勝ったアーモンドアイはどうでしょう。

・・・正直化け物ですわw

騎乗も良かったですけどね。

 

ラッキーライラックは先行。

アーモンドアイは後方からという事で、マークしていたとも言えず。

自分の競馬に徹していましたね。

 

直線に向いた時点でも後方で、どうかなとは思いました。

しかし、前走の脚以上の衝撃を見せてくれましたね。

完全に勝つ競馬をしたラッキーに対し、能力で一気差し。

 

強いの一言でしょう!

正直な話、この馬は狙いはオークスだと思ってました。

しかしここで勝利するとは、本当に強い。

 

ラッキーの枠が違ったとしても、今回はアーモンドアイが勝利していたと思えるほど。

この先どれほど成長するのか、楽しみが出来ましたね。

 

3着馬のリリーノーブル

3着にはリリーノーブルが。

当サイトでも本命にし、何とか馬券になってくれました。

 

この馬は全ての条件がそろっていました。

ローテや鞍上、そして枠順ですね。

事実馬券にはなってくれました。

 

しかしそれだけに、これ以上の結果は難しいかなとも思います。

距離延長でどこまで対応できるのか。

そして成長力はどうなのか。

 

そこがポイントになってきそうですね。

それでも今回の上位2頭とは、厳しい勝負になるでしょう。

 

桜花賞を終えて最後に

上位3頭について書きました。

まとめると、上位2頭は抜けているという事。

今回出走しなかった馬で、オークス勝利は難しいのではないかと考えます。

 

それほど上2頭は強いです。

ラッキーも例年ならかなり上位のレベルでしょうね。

 

しかし、アーモンドアイが怪物級でした。

上がり3Fでは、アーモンドアイのみ33秒台

それも33.2という強烈な脚でした。

 

ディープインパクトの新馬戦のようなもんですw

これは相当レベルが高いでしょう。

 

レコードも出し、レベルは過去と比べてもトップのもの。

オークス向きでしょうし、ラッキーライラックがどこまで成長するかが注目ですね。

 

今後ともこの2頭が先頭になっていくでしょうから楽しみです。

来週は皐月賞、このような怪物馬が誕生するかに注目しましょうね^^

-競馬・馬券
-, , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2020 All Rights Reserved.