競馬・馬券

2022天皇賞春の予想!注目の軸馬は内枠の1頭

投稿日:

この記事では、2022天皇賞春の予想を行います。

舞台は阪神芝3200m右回り、今年も昨年同様に阪神開催ですね。

当日に同条件のレースがないため、予想は確定です。

 

G1の中で最も距離の長い厳しい戦い。

ディープインパクトの衝撃など、伝説も多く持つ伝統の1戦ですよね。

距離ロスは厳しいため、内で力を溜めた馬の好走も多い。

 

阪神に変わっても、そこまで大きな変化は無さそう

特に去年は例年の傾向通りだったので、今年はどうでしょうか。

天候には注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク

◎2番ハーツイストワール

〇18番ディープボンド

▲5番マカオンドール

☆9番ヒートオンビート

上記の4頭に注目しています。

 

本命のハーツイストワールについて。

 

天春と言えばの枠ですよね、1枠の白帽子

距離ロスが少ないのはとにかく好材料、前が壁にならなければ。

昨年のワールドプレミアも1枠、阪神でも有利でしたね。

 

アイアンバローズのほうが成績良く、狙いやすそう。

ただ距離延長のハーツクライですよね。

 

血統はハーツクライ産駒のキャプテンスティーヴ

母がパワー系で、力のいる馬場でもこなせるタイプ。

2走前は久々でも、ジャックドールの2着でした。

 

今回条件的には厳しい重賞初挑戦。

いきなり好走はレベル高いですが、運も味方にチャンスをつかめれば。

国枝厩舎ですからね、勝算はあるのかもしれません。

 

ローテーションも心配なし、力は出せるはず。

それから、内枠での実績が3戦3勝というのは気になるデータ。

当然、相手は強化で大変ですが、人気馬は外へ。

 

前に行く馬が外に集まったのも気になるポイント。

マークされるでしょうしね、楽には競馬出来ないでしょう。

前が崩れる展開なら、ロスなくして差し切るまで可能性としてはあると思いますね。

 

予想は以上ですが、ランキングサイトに登録しているので、応援お願いします。

いつもポチッとありがとうございます♪

一緒に競馬楽しんでいきましょう!

新馬戦でも使える!2歳馬戦の予想に使える走る血統と儲かる血統

-競馬・馬券
-, , , ,

Copyright© エスティーの競馬・ゲームお楽しみ広場 , 2022 All Rights Reserved.